平常時のペニス増大方法!2つの相乗効果で確実にデカくする!

『昔から大浴場などで堂々と出来ず前を隠してしまう。』
『平常時のペニスが特に小さく、男同士の着替えでも躊躇してしまう。』

女性と触れ合う時は主に勃起した時のペニスですが、膨張率とは別に『平常時のペニス』に自信がない方も上記のような方を含め多いです。
ついついペニスの大きさと言うと『勃起時のペニス』を基準に考えてしまいがちですが、特に平常時のペニスが『ポークビッツ』だとコンプレックスを持っている男性が意外と多いのです。

こちらのページでは、そんな『平常時の短小ペニスを増大させる方法』を3つ紹介していきます。

さらにこれらの方法を実践する際の増大を高める2つのコツについても説明していくのでご覧下さい。
平常時のペニスが大きくなることによって、勃起時のペニスも大きくなる可能性が高いです!
ともにコンプレックスの原因となっているのであれば、解消できますし男としての自信を取り戻せます。
是非実践してみてください。

平常時のペニス増大方法おすすめ3選

平常時のペニスを大きくする方法はいくつかありますが、ここでは効果が高くおすすめの方法を3つ紹介していきます。

  • ペニス増大に必要な栄養を摂取
  • ちんこトレーニング
  • ペニス増大手術

それぞれアプローチ方法が異なります。
あなたの目的や環境にあった増大方法をチェックし実際に実践してみましょう。

ペニス増大に必要な栄養を摂取

ペニス増大に効果のある栄養を摂取することで、痛い思いや、危険性もなく、ペニス増大の実現が期待できます。

どんな栄養が効果的なのか?の説明の前にペニスの仕組みについて説明していきます。

出典:ED(勃起不全)治療に役立つ知識|静岡|橋本クリニック

上記の図のようにペニスの大部分は、海綿体組織によって構成されています。
そしてその海綿体組織には、無数の毛細血管が張り巡らされています。
海綿体組織は例えて言うならばスポンジ状のスカスカの組織です。
海綿体を構成する毛細血管に血液が集まることによってペニスの勃起が起こります。
いわば、あえてスカスカの状態にしておく事で血液が集まった時に膨張しやすいという作りになっています。
勃起力を高めるのには海綿体に血液を集めればいいわけですか、増大に関しても同じ理屈が説明できます。

海綿体組織に集まる血液量を増やす事と、海綿体組織自体を成長させることがペニス増大に必要不可欠です。

■ペニス増大に必要な3つの成分
海綿体組織に集まる血流量を増やすのと、海綿体組織自体を成長させるには下記の3つの目的に分類される成分が必要です。

  • 血流改善を促す成分
  • 男性ホルモン分泌を促す成分
  • 成長ホルモン分泌を促す成分

血流改善を実現出来ると、海綿体組織に集まる血流量を増やすことによりペニス増大が実現できます。

男性ホルモンの分泌が増えると、性欲の維持、勃起力の強化、生殖機能の能力向上等、増大を間接的にサポートしていきます。

成長ホルモンの分泌が増えると、海綿体組織は細胞なので、1つ1つの細胞自体の成長が見込めるようになります。

上記の3つの目的のための成分をそれぞれ継続的に摂取することでペニス増大にぐっと近づけます。

ペニス増大に必要な上記の成分は主に2つの摂取方法があります。

  • 食品で摂取
  • ペニス増大サプリで摂取

普段の食事から摂取する方法、健康食品であるペニス増大サプリで摂取する方法ですがそれぞれ概要と摂取の方法について紹介していきます。

食品で摂取

ペニス増大に必要な栄養素は、食品から摂取することができます。
ここではそんな有効な食品を下記の3つの目的から、それぞれおすすめの食品を3品ずつ紹介してきます。

  • 血流改善を促す食品3選
  • 男性ホルモン分泌を促す食品3選
  • 成長ホルモン分泌を促す食品3選

断っておきますが、これらの食品を食べてもすぐに増大効果が現れるわけではありません。
薬ではなく食品として体質から変えていくので、どうしてもある程度の継続期間が必要です。
目安期間としては、『3ヶ月』
最低『1か月以上』は継続的に摂取していくことをお勧めします。

■血流改善を促す食品3選
・スイカ

有効成分 1日の摂取量目安 1日の摂取量目安に必要な食品量
シトルリン 800mg 小玉サイズ:4分の1切

大玉サイズ:7分の1切

スイカに多く含まれる『シトルリン』は増大成分として最も有名です。
血中のNO(一酸化窒素)の産生を促し血管を拡張することで血流改善を促します。
市場に出回る夏は特にスイカがお手頃になるので積極的に食べていきましょう。

・納豆

有効成分 1日の摂取量目安 1日の摂取量目安に必要な食品量
ナットウキナーゼ 2,000FU 1~2パック

全食品中、納豆にしか含まれない『ナットウキナーゼ』は酵素タンパク質の一種ですが、血栓の溶解作用があります。
つまり血液をサラサラにし、血流を改善していくのです。
納豆は安価で購入できますし、朝食時に毎日食べているという方も多いのではないでしょうか?
是非1日1~2パック食べ続けていきましょう。

・にんにく

有効成分 1日の摂取量目安 1日の摂取量目安に必要な食品量
アリシン 設定無し 1~2片

『にんにく』に含まれる『アリシン』は強いニオイがするイオウ化合物の一種です。
疲労回復や血中のコレステロール値の上昇を抑える効果があります。
結果的に血流改善の働きも期待できるのです。
にんにくに多く含まれているので、出来るだけ毎日摂取できると良いですね。
こちらも年中季節に関係なく摂取する事が出来ます。

■男性ホルモン分泌を促す食品3選

・牡蠣

有効成分 1日の摂取量目安 1日の摂取量目安に必要な食品量
亜鉛 約10mg程度 100g程度

(大きめの牡蠣約5つ分)

全食品中、牡蠣に多く含まれる『亜鉛』は必須ミネラルの一種で、海外ではセックスミネラルとも呼ばれており不妊改善にも使われてきました。
男性ホルモン(テストステロン)の分泌を促し、男性の性機能向上の効果があります。
ただし亜鉛の過剰摂取により体の様々な不調を起こしてしまうことがあります。

通常の食事による、亜鉛の過剰摂取の可能性は低いですが、亜鉛の過剰摂取は銅欠乏、貧血、胃の不調など様々な健康被害が生じることが知られているため、耐容上限量は18~29歳の男性で40mg、30~69歳の男性で45mg、70歳以上の男性で40mg、18歳以上の女性で35mgと設定されています
引用:亜鉛の働きと1日の摂取量

このように耐容上限量が例として挙げると『18~29歳の男性で1日40mg』とされています。
日常の食事では、ここまでの量を摂取するというのは可能性が低いですが、例えば牡蠣鍋パーティのような会で『大きめの牡蠣を20個程度』食べてしまうと耐用上限量に到達してしまいます。
くれぐれも食べ過ぎは注意しましょう。

・山芋

有効成分 1日の摂取量目安 1日の摂取量目安に必要な食品量
ジオゲスニン 25~50mg クーガ芋100g

山芋に含まれる『ジオゲスニン』と呼ばれる成分は、性ホルモン(テストステロン)などの
前々駆体である事から、男性ホルモンの産生力アップの効果が期待できます。
ジオゲスニンが含まれる山芋はいくつかありますが、その中でもクーガ芋の含有量が多いので積極的に摂取していきましょう。

・タマネギ

有効成分 1日の摂取量目安 1日の摂取量目安に必要な食品量
アリイン 設定無し 半玉程度

タマネギに多く含まれる『アリイン』にはテストステロンの低下抑制作用がある事がわかっています。
摂取量目安は特にありませんが、毎日摂取していくのが望ましいです。
タマネギに関しては、様々な料理に使用できるので、摂取しやすい食品と言えるでしょう。

■成長ホルモン分泌を促す食品3選

・豚ゼラチン

有効成分 1日の摂取量目安 1日の摂取量目安に必要な食品量
アルギニン 2,000~4,000mg 50g程度

豚ゼラチンに多く含まれるアルギニンは、必須アミノ酸の一種で子供の成長応援サプリ等に主成分として使われている事からもわかるように成長ホルモンの分泌を促す作用があります。
また、血流改善を促す作用もあり『シトルリン』との相乗効果も見込めます。
食品では豚ゼラチンに多く含まれており、近くのスーパーでも手に入ります。
ゼリーやプリン、ハンバーグ等にも幅広く使い摂取することができます。

・発芽玄米

有効成分 1日の摂取量目安 1日の摂取量目安に必要な食品量
GABA 30~100mg 2合

発芽玄米に含まれるGABA(ガンマアミノ酪酸)には成長ホルモンの分泌を促進させる働きがあります。
GABAはその他にもリラックスさせ集中力を高める嬉しい効果も。
普段食べている白米を発芽玄米に変えるだけで摂取目安量を簡単に摂る事が出来ます。

・卵

有効成分 1日の摂取量目安 1日の摂取量目安に必要な食品量
コリン 特に無し 2~3個程度

卵の中の卵黄部分に多く含まれているのがコリンです。
コリンはビタミンB群の仲間で脳内で神経伝達物質を生成する材料になる事から、記憶力や認知能力の向上が見込めます。

更に成長ホルモンの分泌促進も見込めるので、ペニス増大にもぜひとも摂取しておきたい栄養素です。
1日分の摂取目安量というのは特にありませんが、1日2~3個の卵を食べていると基本的な必要量は摂取出来ます。

ペニス増大サプリで摂取

増大に必要な栄養を効率的に摂取する為に『ペニス増大サプリ』は非常に有効です。
食品からでは、なかなか増大を実現するまでの有効成分の量を摂取しづらいですが、ぎゅっと有効成分のみを詰め込んでいるので、普通の食品で摂取するよりもペニス増大をより早く実現できます。

更に、有効成分のみの摂取なので余計な脂質などの高カロリーなものを摂取せずに済むので、体重を気にしている方、太りやすい方などにも特に有効です。

もう1つ利点があり、食品での摂取の場合では
毎日何を食べれば良いか?』考えるのが面倒臭い、
有効成分入りの食材を買ってきて調理する』のが面倒臭い。
これらのデメリットを、解消することができます。

普段の食事はそこまで気にせず『サプリをただ飲むだけ!』で済むのは非常に楽ですし、継続しやすいです。

これらのことをまとめると、特に下記のような方にペニス増大サプリがおすすめです!

  • 出来るだけ早くペニス増大を実現したい方
  • 献立等を考えずに楽にペニス増大を実現したい方

ペニス増大サプリは、ネット通販を中心に様々なものが販売されています。
コンプレックス系商品なので、店頭などで購入するのに人目がつく市販品では、明らかに増大サプリと分かるものは、なかなか販売されていません。

ネット通販のものは、商品にもよりますが概ね1ヶ月分10,000円~12,000円程度とやや高めです。
シトルリンを始めとした、上記で紹介した成分の中では希少で高価な成分が多数あります。
そんな有効成分のみをぎゅっと凝縮したサプリはどうしても価格が高くなりがちです。

しかし、毎日食品で摂取しようと思うと、『献立を考える手間』『調理をする手間』『食品で買うとトータルでは高くなりがち』等の労力と時間、費用がかかります。
これらを全て解消できるのがペニス増大サプリなので、トータルではコスパが非常に良いと言えるでしょう。

ペニス増大サプリをまだ飲んだことがない方にオススメ商品!

ペニス増大サプリは様々なものが販売されていますが、物がありすぎてどれを選べば良いか?初心者の方は検討もつかないでしょう。

そこで『まだペニス増大サプリを飲んだことの無い方』に特にオススメなのが、
ヴォルスタービヨンドブラスト』です。
おすすめの理由は以下の3つです。

  • 業界最大級の有効成分配合量&増大に必須の3成分も高配合
  • ペニス増大&勃起力、性欲、滋養強壮と男性機能トータルで効果が期待
  • リスクなし!返金保証期間が無期限設定

このようにヴォルスタービヨンドブラストは、数あるペニス増大サプリの中でも有効成分の質や量、付加価値に優位性があり、高い効果が期待できます。

日本国内の厳しい基準の工場での生産で安全性も高く副作用の心配もありません。
もし増大サプリ選びで迷っているならば、一度ヴォルスタービヨンドブラストを使用してみるのを強くオススメします。

ちんこトレーニング

ちんこトレーニングは、略して『ちんトレ』とも呼ばれていますが、意味は同じ『ちんこを大きくするトレーニング』の事です。
名前の通りですね。
そんな『ちんこトレーニング』ですが、主な種類は下記の3つで共に費用がかからない方法です。

  • ジェルキング
  • PC筋トレーニング
  • ペニス牽引

『ジェルキング』は専用のジェルを使い、手でちんこの亀頭部分に血液を流し込みペニス増大をはかる手法です。
『PC筋トレーニング』は、射精や勃起のコントロールに作用する『PC筋』をトレーニングする方法です。
お尻の穴を数秒間締めて緩めるを繰り返す簡単な方法なので、自分の好きなタイミングで行うことができます。上記の2つのちんこトレーニングは、他のページでも解説しているので、詳しく知りたい方はそちらをご覧ください。

ペニス牽引

ちんこトレーニングの中で注目なのがこの『ペニス牽引』です。
ペニス牽引法は特に平常時のペニスを大きくするのに向いているトレーニング方法です。

まずペニス牽引がなぜ効果があるのか?について説明していくと、
誰でもペニスの根元は下腹部に埋もれています。
埋もれている部分がどれくらいか?というとペニスの半分近くがそれにあたります。

どうですか?想像よりも多くのペニスが埋もれていると感じた方が多いのではないでしょうか。

そしてペニス牽引法は、この埋もれている半分のペニスを少しでも引っ張り出そうというトレーニングです。
具体的なペニス牽引法の手順は下記の通りです。

  1. ペニスを勃起状態、または半勃起状態にする
  2. 親指と人差し指で輪っかを作り、ペニスの根本を握る
  3. 握ったペニスをペニスの向きに対し垂直に30秒牽引する
  4. 上下左右、それぞれ10秒ずつ牽引する

ペニス牽引法は世界各地で実験が行われ、増大(長く)に成功したという事例が多数あります。
参考トリノ大学研究論文

上記のトリノ大学の研究論文では、増大器具を使用しての牽引ですが、6ヶ月間の使用で1.7センチ~2.3センチ、ペニスが長くなったという結果になっています。

考えてみればわかりますが、ミャンマーに住む首長族は首を牽引する専用器具を常に装着し、その結果一般的な人よりも遥かに首を長くするのに成功していますね。

この理屈と同じようにペニス牽引にもかなり効果が見込めるというわけです。

正しいペニス牽引法で、実感するほどのペニス増大を実現するには、最低でも半年は継続期間が必要だと考えられます。

注意点は、早く増大効果を得たいからといって、ペニス牽引をしすぎてはいけないということです!
以下はペニス牽引について注意点をまとめたものです。

  • ペニスにダメージが起こるほど強く引っ張る
  • 過剰に何時間も牽引し続ける

これらのことは絶対にやめてください!
ペニスは神経もありますし繊細な部位です。もし仮に、強く引っ張ったことで牽引に成功したとしても、ペニスがダメージを受けED等の勃起不全になってしまう恐れもあります。

ペニス牽引での増大成功の秘訣は、コツコツと毎日少しずつ無理ない力加減で実践する事です。

ペニス増大手術

『なるべく短期間で確実に平常時のペニスを大きくしたい!』
このような方には、『ペニス増大手術』がオススメです!

術後のダウンタイムはありますが、増大自体は手術後すぐに効果が見込めます。
増大手術には下記の3つの手術方法があります。

  • 靭帯を切らない長径術
  • 靭帯を切る長径術
  • 下腹部脂肪吸引式長茎術

これらの手術方法の概要については、ここでは割愛しますが、結局は全てか腹部に埋まっているペニスを引っ張り出す手術です。
(厳密には下腹部脂肪吸引式長茎術は脂肪吸引なので引っ張り出さないし実際の長さは変わらなく見た目の長さのみアップ)

ペニス増大手術自体は前述したように『すぐに効果が見込めること。』『確実な効果が見込める。』などのメリットがありますが、実はデメリットも多いです。

以下はペニス増大手術で想定される3つの主なデメリットです。

  • 高額な費用(最低10万円から)
  • 手術の失敗リスク
  • 術後に不感症、ED等の後遺症が起こる可能性

増大手術には速攻性や確実性はあるものの、このような重大なリスクを含めたデメリットがあるのは事実です。

ですから、前述した他のペニス増大法をまずは試し、それで増大が実現できなかった時にペニス増大手術の実施を検討してみてはいかがでしょうか。

効率良くペニス増大効果が見込める2つのコツ

前述したようにペニス増大手術は、失敗や後遺症リスクが高いので、特に最初はオススメできません。
平常時のペニス増大にオススメなのは『増大成分の栄養摂取』と『ちんこトレーニング』です。

ただしこの2つをそのままやっただけでは、時間がかなりかかってしまいます。
即効性はない方法なので、ある程度継続していく必要はもちろんありますが、できるだけ増大達成までの期間を短くしたいと思うのは当然のことです。

そこで、ここでは効率よくペニス増大効果が見込める2つのコツを紹介してきます。

  • 増大成分の摂取とちんこトレーニングの併用
  • 生活習慣の改善を実行し増大の土台を作る

増大成分の摂取とちんこトレーニングの併用

先程『増大成分の摂取』『ちんこトレーニング』がペニス増大にオススメだと説明していきましたが、実は単独で実行するよりも同時に併用した方が相乗効果を期待でき効果の出るタイミングを早める事が出来ます。

増大成分の栄養摂取は体の内側からの改善で、
ちんこトレーニングは物理的にちんこを牽引する方法なので、全く異なる方向からのアプローチです。

わかりやすく別の例えで説明すると『筋トレをしながらプロテインを飲む!』のと同じ事です。

日常でこれらを取り入れ、具体的な流れでオススメなのは、

  • 毎食後、増大サプリまたは増大成分の含まれた食事を摂取
  • 入浴時にちんこトレーニングを行う

たったこれだけのことであれば、日常のルーティンに組み込み特に努力もせず継続することが可能です。
長く続けていくのを目的とすると、このように努力をあまりしない!というのは非常に有効です。
その点でも栄養摂取は食事でも良いですが増大サプリが特におすすめです。

ちんこトレーニング自体も、数分あれば出来るので、入浴時と紹介しましたが自分の好きなタイミング、オナニーの前でも構いません。

生活習慣の改善を実行し増大の土台を作る

ペニス増大は『増大成分の栄養摂取』『ちんこトレーニング』のみで実現出来るわけでもありません。
上記の2つは効果が高いですが、その効果を高めるためにも生活習慣の改善は大事です。
生活習慣を整えることは、いわば増大の土台を作る行為です。
これらも併用して行なっていくと良いです。
具体的な生活習慣の改善には、効果別に下記のような方法があります。

  • 血流改善:体型維持、禁酒、禁煙、入浴、有酸素運動
  • 男性ホルモン分泌促進:下半身の筋肉を鍛える
  • 成長ホルモン分泌促進:睡眠の質と量の確保、運動

生活習慣の改善は、すぐに完璧に実行することはなかなか難しいです。
そして効果もすぐに現れるわけではありません。

しかし、生活習慣の改善は上記のようなペニス増大に必要な要件を満たしていきます。そして健康には明らかに良いので、絶対に実行すべきです。

ペニス増大を実現するには、健康な体が大前提でもあります。
ぜひ普段の生活で、健康を害している行動があれば改めていきましょう。

平常時のペニスを増大しコンプレックスを解消しよう!|まとめ

平常時のペニスを増大させる方法を紹介してきました。
増大方法は大きく分けると下記の3つです。

  • 増大成分を摂取
  • ちんこトレーニング
  • ペニス増大手術

ペニス増大手術は、即効性もあり確実に効果が見込める方法ですが、術後リスク、失敗リスク、費用が高いなどのデメリットもあり万人にオススメできる方法ではありません。

上2つの方法を実践して効果がない場合に、挑戦の検討をオススメします。
やはり、リスクも少なく、高い増大効果を望めるのは増大成分の摂取』『ちんこトレーニング』です。
そして、最大限に効果を早めるコツは下記の2つ。

  • 増大の栄養摂取とちんこトレーニングの併用
  • 生活習慣の改善でペニス増大が出来る土台を作る

これらが大事になってきます。
平常時のペニスが大きくなるということは、冒頭でも紹介した通り『大浴場でのコンプレックス』等を克服する事が出来ます。
フルチンで歩けるまでに成長すれば、心も男らしく成長出来ますよ。