ペニスの成長はいつまで?成長期を過ぎてもペニスが再成長できる方法とは?

ペニスの成長の時期については、思春期初期から加速し身長の伸びが止まるのと同じ10代後半には止まってしまいます。

しかし、諦めるのはまだ早いです。
上記のペニスの成長の時期については、あくまで何も対策をしないで自然に任せた時です

こちらのページをご覧の方は、何かしらペニスの大きさにコンプレックスを持っている事でしょう。

結論から言うと、実は適切な対策をすれば比較的年齢に関係無くペニスの再成長は望めます。
こちらのページでは、詳しいペニスの成長時期や、成長出来なかった要因と再成長の方法を詳しく説明していきます。

  • ペニスの成長は基本的には『10代中盤~後半』の成長期まで!
  • ペニスの成長が不十分になる5つの要因
  • 成長期を過ぎてもペニスの再成長を促す方法

短小ペニスに悩んでいる方は特にご覧下さい。
始めるのは早い方がその後の人生の楽しみもそれだけ増えていきますよ。

ペニスの成長は基本的には『10代中盤~後半』の成長期まで!

ペニスの成長はちょうど『思春期』と平行しておこなわれます。
思春期は『第二次性徴期』とも呼ばれ、おおむね『9歳~16歳』です。
第二次性徴期の時期には個人差があるので『10代中盤~後半』くらいまでがペニスの成長のタイムリミットだと考えられます。

  • 思春期は早ければ9歳頃から始まり、16歳頃まで続くことがあります。
  • 思春期には、精巣の テストステロン産生が増えます。
  • テストステロンは、生殖器を成熟させたり、筋肉や骨を成長させたり、ひげや陰毛が生えるようにしたり、声を低くしたりします。

思春期とは、生殖能力が十分に備わり、成人としての性の特徴が現れてくる段階のことです。男児では、通常10~14歳で思春期を迎えます。ただし、9歳頃から始まることや、16歳頃まで続くことも珍しくありません。
引用:男児の思春期|MSDマニュアル

男性の場合には、主に男性ホルモンの一種である『テストステロン』の分泌量が増える事により『男性らしい体付き』になり、その一環として『ペニスの成長』が見込めます。

この第二次性徴が一段落するのが、上記に記載の通り、おおむね16歳頃までと言われています。
ですから、個人差を加味しても10代後半までにペニスの成長が止まってしまうのが一般的というわけです。
ただし、これはあくまでペニスの成長を何も対策せず『自然成長』に任せた場合です。

成人してからでも、ペニスを再成長させる方法を実践する事でペニス増大は可能なので、その点については後述していきます。

ペニスの成長が不十分になる要因はこの5つ!

身長や体格にも個人差がありますね。それと同じようにペニスの大きさも太さや長さで差異があります。
これは遺伝も関係していますが、実は他の要因である事が多々あります。

主に、前述した第二次性徴期に何らかの要因でペニスの成長が阻害され、充分に成長しきれなかったという方が多いのです。

■ペニスの成長が不十分になってしまう要因5つ

  • 睡眠の質と量が不足
  • 真性包茎(重度の包茎)である
  • 運動不足
  • 食生活に偏りがあった
  • 性行為やオナニーをあまりしていなかった

これら5つの要因(主に生活習慣からくるもの)により男性ホルモン(テストステロン)の分泌を阻害してしまった可能性もあります。
それぞれ要因別に、なぜペニスの成長に繋がらなかったのかについて説明していきます。
心当たりのある方は、その項目に目を通してみて下さい。

睡眠の質と量が不足

ペニスの成長に不可欠なテストステロンは、日中の起きている時間ではなく、睡眠時に最も分泌量が多くなります。
ですから、第二次性徴器の大事な時期に睡眠の質や量が不足していると、テストステロンの分泌量が十分ではなくなり、ペニスの成長が止まってしまうのです。

テストステロンは睡眠中に分泌量が増えますから、よく眠るのが大切です。睡眠不足だとテストステロン値が低くなることは、実験の結果、確かめられています
引用:やる気物質”増やすカギは?|ヨミドクター

ここ数十年の中学生や高校生は、学校や試験勉強、ゲーム等で睡眠不足になりがちです。
テストステロンを増やそうと思っても睡眠不足の状態では分泌が阻害されてしまうのです。

■主な睡眠不足になる習慣

  • 試験勉強の為の夜ふかし
  • 夜遅くまでテレビ、スマホゲーム等
  • 友人や彼女と朝までカラオケ等

これらは、アクティブな中高生にはありがちな習慣ですね。
睡眠時間を削って、生活する事で短小ペニスのままでいた可能性がありますよ。

真性包茎(重度の包茎)である

包茎には3種類あり、包皮を剥いて亀頭を露出できる、勃起時には亀頭を露出できる『仮性包茎』と、
包皮の入り口が狭く亀頭を露出できない『真性包茎』、
勃起時に皮が亀頭を締め付けてしまう『カントン包茎』です。

■包茎の種類をチェック!

  • 仮性包茎
  • 真性包茎
  • カントン包茎

幼少期は誰でも真性包茎である状態がほとんどですが、個人差がありますが第二次性徴期に入る前の段階で剥けたり、入った段階の初期で剥ける方、高校生になっても剥けない方等もおり様々です。
ペニスの成長阻害に仮性包茎はそこまで問題ではなく『真性包茎が問題』です。

小児期に亀頭に皮がかぶさっていると、ペニス本体の発育が妨げられ「短小包茎」のペニスになる可能性が大です。
大人になってしまってからではペニスは成長しません。亀頭が出るようになっていると身体の成長に伴ってペニスも成長するのです。
引用:子供の包茎|吉沢クリニック

第二次性徴のペニスの成長がピークの段階で包茎状態だと、どうしてもペニスの成長が十分ではなくなります。

いくらテストステロンの分泌量が増えていても、被っている包皮によりペニスの成長を阻害してしまうんです。

仮性包茎を含めた日本人の包茎率は約7割と言われています。
仮性包茎の場合には手術の必要はありませんが、
『真性包茎』『カントン包茎』の場合には手術が必要です。

出来れば思春期時には包茎の手術をしておくのがベストです。

手術をしておらず、思春期にペニスの成長が十分でなかった人も、原因が包茎であれば、大人になってからでも手術により、ペニスの再成長が見込める事もあります。

ご自身の包茎の程度をじっくりと認識する事から始めてみましょう。

運動不足

『中学高校と帰宅部だった』
『体育が嫌いでなるべく逃げていた』
ペニスの成長が鈍かった方に多いのがこのような運動不足なタイプです。

実は第二次性徴期に適切な運動の習慣が無いとペニスの成長に悪影響を及ぼすのです。

適度な運動も必要だ。ウォーキングなどの有酸素運動がテストステロン値を上昇させることが知られている。また、運動不足の人では内臓脂肪が蓄積されることが高く、それがテストステロン値を減らす原因になる。
引用:男性の更年期障害「LOH症候群」 男性ホルモン低下を改善|日本生活習慣病予防協会

10代は、ある程度運動しているのが”普通”という現状がありますから、その時期に運動不足なのはペニスの成長に致命的!というわけです。

更に、高カロリーな食べ物を欲する10代の頃は、食生活も乱れがちで上記の引用元にあるように、内蔵脂肪をより蓄積させがちです。
内蔵脂肪ですから、華奢な10代の頃でもあまり表には出てきづらく気付かない事もあります。

10代の頃に運動不足で普通より肥満だった方は特に、ペニスの成長が阻害されている可能性が高いというのもありますね。

食生活に偏りがあった

前の項で少し説明しましたが、食生活の乱れはペニスの成長を阻害します。
例えばこのような方、
『野菜嫌いで肉ばかり食べていた』
『ファーストフードが好きで毎日食べていた』
『コンビニ食がメインだった』
このような方は、本来は健康体であるはずの10代の体であっても、コレステロール値が上がってしまいます。

コレステロール値が上がってしまうという事は『テストステロンの分泌を下げてしまう』というわけなんです。

活力や精力の源になるテストステロンや女性ホルモンなどの性ホルモン、副腎で作られるストレス対抗ホルモンがあります。
これらのホルモンは構造上ステロイドホルモン(*ここではテストステロン)といわれ、コレステロールを出発原料としていくつかのホルモンを経て作られます。不十分な食事や偏った食事をしていれば製造過程は円滑に進まず、質の良いホルモンは作られないだけでなく、血液中にコレステロールが余り、動脈硬化の原因となる上、各種ホルモンへの変換も行われなくなります。
引用:漢方薬舗 花緑堂

つまりコレステロールはテストステロンの材料にもなりますが、摂取し過ぎは逆効果になってしまうというわけです。

そして、現代の偏った食事ではコレステロールを過剰に摂取しやすい環境にあります。
ファーストフード等が主たる例です。

ですから、ほとんどの場合は偏った食事=コレステロール値が上がり過ぎて、質の良くないテストステロンが分泌、または分泌が適正にされず、結果的にペニスの成長を阻害してしまうというわけです。

性行為やオナニーをあまりしていなかった

ペニスの成長と性行為(オナニーを含む)は密接な関係があります。
筋トレと同じように、使わない部分は衰えてしまうというのが理由です。

一般的には年齢と共に性欲は落ち、精子数や精液は減少しますし、使わなければ睾丸も小さくなってきます。
筋トレをしなかったら、筋肉が衰えていくのと同じことで、体の中で使わない部分は退化していくのです。長く性行為を楽しみたいと思ったら、ブランクは明けずに、週に1回でも2週に1回でも継続することをおすすめします
引用:これってED(勃起不全)の症状ですか?|マイナビニュース

上記のサイトはEDについての情報ページですが、テストステロンの分泌が減ってしまうという意味では同じです。
本来であれば、10代というのは異性への目覚めで性に対して最も興味を抱く年代です。
もちろんすぐにセックスを実行できる男子の数はそう多くはないかもしれませんが、オナニーであればいつでも出来るので、週に何回もするのが正常だと考えられてきました。

しかし最近では『草食男子』というワードが定着しているように、10代でも性に対する興味が薄い方も増えてきています。
間違った教育に洗脳されている事等も原因の1つですね。

■10代で性的欲求が沸かない原因は主に下記の3つ

  • 親や学校での間違った性教育
  • 家族、友人からの性に対する嫌悪感
  • 過去の性にまつわるトラウマ等

このように、第二次性徴期にオナニーすらも嫌悪感を抱くようになってしまっている状態だと、テストステロンの分泌が滞りペニスの成長が充分に達成できない事が考えられます。

成長期を過ぎてもペニスの再成長を促す方法

ここまで、ペニスの成長が不十分になる要因について述べていきましたが、ここでは本題の『ペニスの成長を促す方法』を3つ紹介していきます。
これは成長期を過ぎても実現可能です!
ただし、普通の今までの生活をしていては実現不可能です。

第二次性徴期が終わり成人してからのペニスの再成長には下記の3つの点を理論的に攻めていく必要があります。

  • 血流促進
  • 成長ホルモンの分泌を増やす
  • テストステロンの分泌を増やす


出典:引用:お薬ラボ

図でわかるように、ペニスの多くは海綿体組織で構成されています。
そして、その海綿体組織には無数の毛細血管が張り巡らされています。
海綿体組織が平常時はスカスカのスポンジ状の組織と比喩されるのはこの為です。
ここに血液が集まる事により毛細血管ごと膨張し、勃起するというわけです。

血流促進の他、成長ホルモンやテストステロンはそんな海綿体組織自体を大きく成長させる働きも期待できます。

具体的なペニスの再成長を促す手法は下記の3つ。

  • ペニスの再成長に必要な食品を摂取
  • ペニス増大サプリ
  • ペニス増大クリーム

それぞれ詳しく解説していきます。

ペニスの再成長に必要な食品を摂取

当然の事ながら自分たちの体は摂取した食品からの栄養で成り立っています。
それはペニスについても同じで、ペニスの再成長で最も大事なのは『栄養』と言っても過言ではありません。

そんなペニスの再成長に必要な食品ですが、やみくもにカロリーのある物を食べれば良いか?というと当然そんな事はありません。
きちんと理論的に栄養を摂取していく必要があるのです。
ペニスの再成長に必要な食品には下記のように目的別に3つの種類に分けられます。

  • 血流促進に効果的な食品
  • 成長ホルモン分泌を増やすのに効果的な食品
  • テストステロン分泌を増やすのに効果的な食品

それぞれ順番にオススメの食材を紹介していきます。

血流促進に効果的な食品

スイカ 納豆 ニンニク
注目の含有栄養素 シトルリン ナットウキナーゼ アリシン
栄養素の1日分摂取目安量 800mg 2,000FU 目安量無し
摂取目安量の食品量 小玉 1/4切れ

大玉 1/7切れ

1~2パック 1~2片

ペニスへの血流促進効果で最も有名なのがスイカに多く含まれるシトルリンです。
スイカは季節柄、年中気楽に食べられる物ではありませんが、特に夏の時期は積極的に摂取していきましょう。
納豆は毎日食べられますし、ニンニクも料理によく使いますね。
意識して少し多めに摂取しようという気持ちだけでも随分違いますから食べていきましょう。

成長ホルモン分泌を増やすのに効果的な食品

豚ゼラチン 発芽玄米
注目の含有栄養素 アルギニン GABA コリン
栄養素の1日分摂取目安量 2,000~4,000mg 30~100mg 推奨無し
摂取目安量の食品量 約50g 2合 2~3個

この中で特に注目なのが豚ゼラチンに含まれるアルギニンです。
非必須アミノ酸に分類されますが、子供時代には体内での合成量が少ないので必須アミノ酸に分類されているほどの必要な栄養素です。
子供の『成長応援サプリ』にも主成分として使われている事から成長ホルモンの分泌促進の効果が期待できそうです。

テストステロン分泌を増やすのに効果的な食品

牡蠣 山芋 タマネギ
注目の含有栄養素 亜鉛 ジオゲスニン アリイン
栄養素の1日分摂取目安量 約10mg 25~50mg 推奨無し
摂取目安量の食品量 約100g クーガ芋、約100g 半玉

全食品中で亜鉛が最も含まれているのが牡蠣です。
亜鉛はテストステロンの分泌促進にかなり効果が期待できます。
海外ではセックスミネラルと呼ばれているほど、古くから男性女性問わず性ホルモンの生成に大きく関わっているのが知られています。
不妊治療等にも使われている成分なので、積極的に摂取していきましょう。

上記で紹介した3つの目的別の食品例ですが、これらは全て偏って摂取する!というよりは、バランスよく食べていく事をオススメします。
そして、当然の事ながら数日食生活を改めたところで、すぐにペニスの成長が見込めるわけでもありません。

食品で体質を変え、ペニスの成長を見込むには最低でも3ヶ月程度の継続期間が必要です。(*期間に関しては当然個人差有り)
毎日の積み重ね、献立や調理の努力をコツコツと続ける事でペニスの成長に繋がっていきます。

そうは言っても毎日、食事の事を考える余裕が無い、面倒臭いという方もいるかと思います。
そんな方は次の項目のペニス増大サプリを読んでみて下さい。

ペニス増大サプリ

ペニス増大サプリは『ペニスを大きくする事に特化した健康食品』です。
前述した『ペニスの再成長に必要な食品を摂取』というのは、日々の食事でペニスの成長に必要な物を食べていく!という事でしたが、献立を考えたり毎日自炊をしなければいけない局面が出てきたりと、特に忙しい方には難易度が高いです。

ペニス増大サプリでは、そのような難易度は一切なく『毎日決められた用量のサプリを飲むだけ!』という手軽さが最大のメリットです。
しかも、そのペニスの成長に必要な栄養がギッシリと含まれています。
食品で摂取すると、どうしてもその他に不要な栄養も過剰に摂取してしまい、高カロリーな食事になってしまう事も多いにありますね。
その点でもペニス増大サプリで再成長に必要な栄養を摂取するというのは理にかなっています。

■ペニス増大サプリに含まれる主なペニス成長成分

  • シトルリン
  • アルギニン
  • 亜鉛

食品の項目でもお伝えしていきましたが、シトルリンはスイカを筆頭にウリ科の植物に多く含まれ血流改善が見込めます。

アルギニンは豚ゼラチン、鶏むね肉、牛ヒレ肉等にも多くふくまれています。摂取することでシトルリンとの血流改善の相乗効果を生みます。
更にアルギニンには、成長ホルモンの分泌を増やす効果も期待できます。

亜鉛は牡蠣に多く含まれるとお伝えしていきました。亜鉛は必須ミネラルの一種で海外ではセックスミネラルとも呼ばれている性機能向上に必要不可欠な成分です。
テストステロンを増やす効果が期待出来ます。精子の質や量の向上にも関係していると言われていますね。

この3つの成分ですが、主要なペニス増大サプリには配合量の差はあれど、ほぼ全て含まれています。それだけペニスの成長に必要不可欠とされている成分だからです。

ペニス増大サプリの購入を検討している方は、事前に必ずこの3つの成分の配合量をチェックしておきましょう。

更に”初めてペニス増大サプリを購入する”際にチェックしておくべき事は返金保証の有無です。
返金保証とは、購入し使用してから所定の期間(商品によって違うが30日~45日程度が多い)、効果を感じなかったり自分に合わないと感じたりしたら理由を問わず返品しその代金の返金も受け取れるというサービスです。

サプリを服用し、飲んでしまった分も特に問題も無く返金してくれるので、金銭的なリスクがほぼ無く、新しい商品を気軽に試せるというメリットがあります。
そんな返金保証ですが、商品によって期間の違いや返品手数料がかかってしまう事もあります。
その辺も購入前にチェックしておくべき点でしょう。

ここまでをまとめると、ペニス増大サプリの購入には、

  • シトルリン、アルギニン、亜鉛の成分量を多い物を選ぶ
  • 返金保証の有無と内容をチェックする

これらに注意し、ペニス増大サプリを選び試してみましょう。

ただし、ペニス増大サプリといってもペニスの再成長に効果的な栄養を効率良く摂取する!というだけなので、即効性という面ではあまり期待出来ません。

食品と同じように最低3ヶ月程度の継続により体質を変えていき、じっくりとペニスの成長が見込めるようになります。
どのペニス増大サプリでも3ヶ月程度の継続を目指していきましょう。

ペニス増大クリーム

ペニス増大クリームとは、ペニスの成長が見込める成分を口からでは無く、直接ペニス部分に塗り込み成分の吸収を皮膚から促す物です。

皮膚からの吸収を前提としているので、ペニス増大サプリとは構成される成分が若干異なってきますが、目的としては増大サプリと同じくペニスを大きくする事です。

ペニス増大クリームは商品によって配合されている物にかなりの違いがあります。
ここではそんな増大クリームの中でも特に効果が期待できる成分、注目の成分を3つピックアップし紹介していきます。

■ペニス増大クリームで注目の3つの成分

  • シトルリン
  • ダイヤモンド

まず、シトルリンはこちらのページで何度も説明していますね。主な効果は血流改善効果で、ペニス増大クリームでは、皮膚からの吸収を促します。
食品や増大サプリでシトルリンを摂取し、増大クリームでもシトルリンを皮膚から吸収させると、より高い効果を生みますね。

金に関しては、抗酸化作用が期待出来ます。ナノ単位で粉末化された金は意外と皮膚からの吸収もたやすいのです。
抗酸化作用により、ペニスの細胞自体のエイジングケアに結び付きます。
継続して使う事で、血管を若々しく保つ事につながっていくので、こちらも血流を良くする効果が期待出来ると言っても良いでしょう。

ダイヤモンドに関しては『えっダイヤ?』と疑問に思う方もいるかもしれませんが、極限まで粉末化されたダイヤは皮膚から吸収されると、体内で一酸化窒素(No)の産生を促すのです。
それにより、血管拡張作用が起こり、血流が良くなるというわけです。

ペニス増大クリームは、ペニスに塗布し簡単なマッサージをして馴染ませるだけなので、特に大変な努力もせず気軽に使えます。

毎日入浴中にでも数分実践するだけです。
それを最低でも3ヶ月程度、出来れば半年は継続してあげるとペニスの成長効果が期待できますよ。

前述したペニス増大サプリとの併用や、チントレ等も一緒に行うと更に相乗効果を生みます。

ペニスは何歳からでも再成長出来ます!|短小コンプレックスから解消されよう

基本的には、ペニスの成長は思春期の終わりと共に終了します。
ただし、これは何もしない自然な状態の時です。

こちらのページで紹介した方法を実践すれば、大人になってからでもペニスの再成長は望めるのです。
特に、ペニスの成長を阻害していた要因が明確に当てはまる方ほど、まだ成長できる余地を残していると言えるでしょう。

ペニスの再成長への実践は、早ければ早いほど効果が出やすいのも事実です。
成人してからも、30歳になっても、40歳になってもペニスのサイズにコンプレックスを持っているのであれば、今すぐ実践すべきでしょう!

■ペニスの再成長を促す手法まとめ

  • ペニスの再成長に必要な食品を摂取
  • ペニス増大サプリ
  • ペニス増大クリーム

こちらのページで紹介したペニスの再成長を促す方法は上記の3つです。
自分にあった方法を実践し、ペニスの再成長を実現しましょう。

簡単に継続出来る方法としてオススメなのが『ペニス増大サプリ』です。
そして、ペニス増大クリームとの併用が最も効果的だと考えられます。

とは言え自炊や献立を考えるのが得意な方は普段の食事から成長に必要な栄養を摂取するのも良いです。

どの方法でも大事なのは、継続する事です。
日本人の平均のペニスサイズは『13センチ』と言われています。
最低でもそのくらいのサイズは欲しいと思っている方も多いですね。
せめて平均値まで到達する事で、あなたのコンプレックスが解消されると共に、女性とのセックスがお互い楽しくなりますよ。