精力剤が精力増強・ペニス増大に効く理由とは?成分のメカニズムを解説!

精力剤と聞くと、どのようなイメージを持たれるでしょうか?
飲んだらギンギンに勃起しそう!
もしくは、
飲んでも聞くわけないじゃん?
これらのように相反するイメージを持たれる方もいるでしょう。

なぜこのような相反するイメージを持たれるかと言うと、多くの方は精力剤を飲んだ事が無いからです。
また、粗悪な物を飲まれた場合に効果が無いばかりか副作用があったと悪い記憶の方もいるでしょう。

こちらのページでは、そんなイメージや口コミ情報に頼らずに、精力剤が精力増強に効く理由について理論的に説明していきます。

こちらのページを読む事で精力剤が精力増強にどのように作用していくのか知る事ができます。
あなたが精力剤を飲むべきかどうか判断する材料を提供していくので、ご覧下さい。

まずは精力剤の種類を押さえておこう!オススメなのはどのタイプ?

広義な意味で精力剤というと、『勃起薬』のような薬と『精力剤サプリ』『強壮剤』『勃起サプリ』『精力剤』と様々な呼び方があります。
これらを大きく分けると下記の2つです。

  • ED治療薬
  • 精力剤(精力増強を目指すサプリメント)

薬とサプリメントという分け方ですね。
ED治療薬は”薬”の名称が付くのでわかるように、病院等で処方される治療を目的とした薬です。
日本ではバイアグラやレビトラ、シアリスが有名です。
現在、日本では医師の診断と処方により使用が可能です。
効果は薬なのでテキメンです。薬の種類によって効果が現れるのには時間が異なりますが、おおむね服用後1時間程度で効いてきて、薬の力により無理矢理勃起させる事が可能です。
ただし、薬なので吐き気や動機息切れ、頭痛等の副作用のリスクがあります。

また、心臓や血管に疾患のある方は特に注意が必要ですし、自覚症状の無い方もこれらの疾患が潜在的にある可能性があるので、安易な個人輸入等での手配をせずに、まずは医師による診察を受けるのをオススメします。

また、継続的にED治療薬を手にいれる為には、その都度病院に通う必要があり、この辺もデメリットにはなりますね。

即効性に関してはED治療薬は優れていますが、根本からのED改善や勃起力を強化するという意味では向いていません。あくまで薬の作用で効いている時間のみの効果になります。

根本から改善したい方や、勃起力や精力全体を増強したい方は精力剤(精力増強を目指すサプリメント)の使用をオススメします。
次の項目では、この根本からの改善を目指す為の精力剤(サプリ)が精力アップに効く理由について紹介していきます。

精力剤が精力増強に効くメカニズムを紹介

精力剤が広い意味での精力増強に効くメカニズムには大きく分けると3つあります。

  • ペニスへの血流改善効果
  • 加齢により失われる栄養の補給
  • 男性ホルモンの分泌促進

順番に説明していくと、ペニスの血流改善は勃起力を高めるという意味では最も重要な事です。
バイアグラのようなED治療薬も結局はペニスの海綿体細胞に血液を集め硬く勃起させる事を目的としているので、そういう意味では精力剤も同じです。

アプローチ方法に違いがあり、精力剤サプリの場合には、血流を改善する効果のある成分で『シトルリン』や『アルギニン』が配合されている物が多いです。
共に血中のNO(一酸化窒素)の産生を促し、血管拡張作用により血流を良くします。
ペニスの組織で大部分を占める海綿体細胞は血液が集まるかどうかで勃起の硬さや大きさが変わってきます。
言い換えるとペニスに血液を集めればそれだけ勃起が強く起こるというわけです。
精力剤の場合には、ペニスに血液が集まりやすい体質へと変化させてくれるので根本からの解決が可能になります。

2つ目の加齢により失われる栄養の補給についてですが、例えば精力剤で栄養補給をし絶倫に!と聞くと、
栄養摂取のみで精力が付くはずが無い!!』等と言う方がいますが、これは大きな誤解です!

確かに若くて健康的な男性が精力剤で栄養補給をしても効果は限定的です。
しかし、30歳を超えてくると加齢により栄養の吸収も悪くなっていきます。
そのように精力を維持するのに必要な栄養が不足していくと一緒に衰えてくるのが、3つ目の男性ホルモンでもあります。

男性ホルモンの分泌量が減少していくと、勃起力をはじめとした精力全般の能力が弱まっていくのは想像できる方も多いですよね。

ですが、精力の維持に必要な栄養は外部からきちんと摂取してあげる事で、精力を回復させてあげる事は可能です。

注目の成分は亜鉛やアルギニン等のアミノ酸、各種ビタミンです。
特に亜鉛はセックスミネラルとも呼ばれ、精力増強に効果が期待できるミネラルです。

食品では牡蠣に多く含まれていますが、古くから『精が付く!』食品として愛されているのはこの為です。
亜鉛に関しては、ほとんどの日本人が一日の摂取推奨量を超えていません。
その為、亜鉛のみを意識的に外部から摂取する事でEDが治ったという方さえいるほどです。

このようにたかが栄養?
というように馬鹿にする方は一度考えを改めた方が良いです。
よく考えてみると、スポーツ選手で筋肉を付けたい、維持したい方ではほとんどのケースで食事以外にプロテイン(タンパク質)を摂取しているでしょう。

このように適切な栄養補給というのは当然のように大事な事であるのに、EDや性欲減退等の精力全般の問題に関しては、あまり重要視されないのが疑問です。

前述したように『若い方で身体に元気が溢れている方』『適切な栄養補給を日頃から心がけている方』
これらの方には、確かに精力剤による栄養補給での精力アップの効果は少ないかもしれません。
このような方の感想により『精力剤で栄養を摂っても意味が無い!』という言説が広まっている側面もあるのでしょう。

ですから特に精力剤での効果を得やすい人は下記のような人達です。

  • 睡眠不足が続いている方
  • 疲労が溜まっている方
  • 運動不足
  • 飲酒や喫煙をする方
  • 食生活が乱れている方、バランスが悪い方
  • 肥満気味の方
  • 30歳を超えて男性ホルモンの分泌が下がっている方

食事を含めた生活習慣に問題があると感じている方には、特に精力剤は効果的です。

また、最後の男性ホルモンの分泌というのは、個人差はありますが、おおむね30歳を境に減少していきます。
加齢で特に落ちていきやすいので、勃起力はおろかセックスしたい!という性欲から減退してしまう恐れがあります。

男性ホルモンの分泌促進目的の成分も精力剤にはいくつか含まれています。
こちらも外部から栄養を摂取してあげる事である程度、分泌の減少を戻してあげる事が可能です。

生活習慣の改善にプラスして精力剤を上手に使っていくと更に効果的です。

精力剤は1つ難点があり、前述したように即効性が無い事です。
ですから服用を始めても1日や2日で効果の有無をジャッジせず、最低1週間程度の様子見が必要です。
出来れば1つの精力剤を3ヶ月程度継続していった方が根本からの体質改善が見込めるのでオススメです。
身体を変えていくという事は、日々の継続が大事というわけです。

精力剤は精力増強に期待大!でも副作用とか安全性はどうなの?

ここまで精力剤が精力全般の増強に効果がある事をお伝えしていきました。
ここで気になるのが『精力剤の副作用』についてです。

結論から言うと精力剤(サプリ)には副作用の心配はありません!
よくみなさん混同されるようですが、バイアグラ等のED治療薬とは異なります。
ED治療薬に関しては薬成分を含みますので、頭痛や動機息切れ等の副作用のリスクがあります。
こちらは個人差があるので合う合わない、副作用の強弱も人によって異なりますが、自覚症状が無い場合でも軽微な副作用はあると考えて良いです。

また、ED治療薬の場合は飲んでセックスを続けていくと、その内に薬の耐性が出来て効き目が悪くなるor多くの薬(量)が必要になってくるケースがあります。
不必要に薬の量が増えていくのはあまり好ましくはありませんね。

その点、精力剤サプリではあくまで精力増強に必要な栄養素を補ってあげるだけなので、副作用の心配が無いのです。
栄養素というのは特別なものではなく、アミノ酸やミネラル、ビタミン等と強壮成分と呼ばれる物です
これらは基本的に元々は一般的な食品で取り扱われている物ばかりなので、副作用のリスクというのは、ほぼ無いと考えて良いというわけです。

もちろん亜鉛等のように一日の摂取上限量等が決まっている物もあります。
それらは上限量や推奨量をなるべく超えないように摂取する必要があります。
その辺は各精力剤生産会社が考えて作っているはずなので、サプリの併用をしない限り特に問題にはなっていきません。

また精力剤で副作用が起こるリスクとして、1つ注意が必要なのが『海外産』のサプリを使用する事です。
正直、海外産のサプリの場合には何が配合されているかわかりません。
海外産サプリの全てがダメとは言いませんが、こっそり医薬品成分が含まれている物や、ずさんな製造過程で不純物が混入してしまう物等と良い仕上がりの物が少ないのが現状です。
また、海外ではサプリにも日本での医薬品成分が使われても良いとされている物もあるので、注意が必要です。

当サイトでおすすめしているサプリは日本国内の工場での生産なので、安心して服用する事ができます。
また副作用のリスクが無く安全なサプリの見分け方としては、

  • GMP認定工場での生産
  • 有機JAS認定

これらの認定を受けている工場での生産の精力剤を選んでいきましょう。基準が厳しいので安心安全に服用する事ができます。
当サイトで紹介している精力剤はこれらの認定を受けて生産されている物ばかりです。

精力増強に効果的な栄養素と食品

精力剤に含まれる精力増強に効果的な栄養素について具体的に紹介していきます。
その栄養素は食品でも摂取する事が出来るのか?
具体的な食品名と成分の含有量についても多く含まれる代表的な食品を例に紹介していきます。

結論から言うと、食品から摂取する場合にはかなり意識的に食べていかないと精力増強までの効果は見込めません。
食品を探す&手に入れる手間と食べる手間もかかり、昔の人が精が付く食べ物を探して食べていた苦労を感じると思います。

勃起力を高める秘密兵器『アルギニン』と『シトルリン』

前述したように精力剤に含まれる主な成分でペニスの勃起に強く作用するのが『アルギニン』と『シトルリン』です。
共に血管内のNO(一酸化窒素)の産生を促す事で血管の拡張作用があります。
それによりペニスへの血液の集まりを良くし強く持続する勃起を実現していきます。

このように、精力剤にアルギニンとシトルリンは特に欠かせない成分と言えるでしょう。
精力剤によって、この2つの成分の両方を含む物や片方しか含んでいない物もあります。
また、両方含んでいる精力剤でも成分の配合量の比率が異なります。
体内でアルギニンがシトルリンに変化するのと、逆にシトルリンがアルギニンに変化もしていくので、共にきちんと摂取しておいた方が良いです。

ここではそんなアルギニンとシトルリンを食品で摂取する時に有効な食品とその含有量について紹介していきます。

食品におけるアルギニンの含有量

アルギニンを多く含む主な食品は下記の通りです。

食品名 100gあたりのアルギニン含有量
豚ゼラチン 7,900mg
乾燥卵白 5,000mg
とびうおの煮干し 4,900mg
するめ 4,700mg
ビーフジャーキー 3,400mg

アルギニンは子供時代は必須アミノ酸、大人になっても準必須アミノ酸に分類される大事なアミノ酸です。
比較的食品からの摂取が容易な栄養素になります。
アルギニンは1日100mg~800mg程度の摂取を推奨しています。

成長ホルモンの分泌促進や、勃起力の回復、ペニス増大までの精力増強効果も見込めます。
ある程度多く摂取しても全く問題の無い栄養素なので、気にせず食べていきましょう。
ただし、食事全体での摂取カロリーには注意です。

食品におけるシトルリンの含有量

シトルリンを多く含む食品は下記の通りです。

食品名 100gあたりのシトルリン含有量
スイカ 180mg
メロン 50mg
冬瓜 18mg
キュウリ 9.6mg

シトルリンは遊離アミノ酸の一種で、全食品中、スイカに最も多く含まれており、その次がメロンでウリ科の植物に比較的多く含まれているのが特徴です。
シトルリンの1日の摂取推奨量は800mg~1,000mgです。
含有量の多いスイカやメロンは夏場の間にしか気軽に食べる事ができないので、アルギニンに比べると日常的に食品として摂取するのは難しい栄養素です。

男性ホルモンの分泌促進に注目の『亜鉛』

亜鉛は海外では『セックスミネラル』とも呼ばれる男性の精力増強に効果が期待できる成分です。
亜鉛自体は前立腺や性腺に多く存在し、性ホルモンの合成、精子の生成にまで作用していきます。
セックスミネラルと呼ばれるゆえんは、亜鉛が不足すると性的な機能、不妊の原因にもなってしまうからです。
特に40代以降で何もしなければ男性ホルモンの分泌が減少していく世代には積極的に摂取してあげる必要があります。

日本人の成人男性の1日あたりの亜鉛摂取推奨量は『10mg』です。
亜鉛は特にほとんどの方が不足しているという現状があります。
次の項目の食品での摂取やサプリでの摂取を心がけていきましょう。

食品における亜鉛の含有量

食品名 100gあたりの亜鉛含有量
牡蠣(養殖、生) 18.3mg
ビーフジャーキー 8.8mg
豚、肝臓生 6.9mg
うなぎの蒲焼 2.7mg

全食品で牡蠣には亜鉛がかなり多く含まれていますね。
1日の摂取推奨量は10mgですが、牡蠣1つあたりの重さは15g~20g程度ですので100gだと大き目の牡蠣を5つ食べて亜鉛を18.3mg摂取する事になります。

摂取推奨量を超えて大丈夫なの?
と疑問に思う方もいると思います。確かに亜鉛に関しては過剰摂取は身体にとって害にもなりえますが、1日の耐容上限量目安というのもあり、それは『40~45mg』とされています。
ですからこの40mgを超えない限り特に気にする必要が無いというわけです。
問題になるのは耐容上限量に近い量を継続的に摂取する事です。
牡蠣を毎日食べるという方も少ないでしょうから、こちらも基本的には問題ありません。
むしろ、前述したように日本人の食生活で亜鉛は不足しがちなミネラルです。
上記の食品やサプリなどで1日の目安となる10mg以上の摂取を心がけていきましょう。

特に精力減退に悩む男性には効果てきめんです。

精力剤が精力増強に効く理由まとめ

精力剤が精力増強に効く理由について説明していきました。
結局のところ、特に年齢を重ねると勃起や精力維持に必要な”栄養”が不足しがちになるという事ですね。
精力維持に必要な栄養を補給する事で精力増強につながるというわけです。

精力増強を実現する栄養素についても代表的なのが『アルギニン』『シトルリン』『亜鉛』と紹介していきました。
これらを食品から摂取するのも良いのですが、毎日必要量の摂取を継続的にしようと思うとかなり大変です。

アルギニンなんかは比較的摂取がしやすい栄養素ではありますが、肉類ばかり大量に食べていては全体のカロリーが過多になってしまい、最悪の場合肥満状態になってしまっては、精力増強に余計に逆効果になってしまいます。
その点、難しい事を考えずに手軽に摂取できる精力剤サプリメントは精力増強にうってつけだと言えるでしょう。

副作用リスクが無く安全な物を口に入れるために、日本産のきちんとした物を選んで飲むのをオススメします。