テストステロン(男性ホルモン)がペニスを大きくする!分泌量を増やす方法

テストステロンとは男性ホルモンの一種です。
そんなテストステロンは男性らしい身体付きを実現する大きな働きがあります。

こちらのページでは、テストステロンの『男性の体に及ぼす影響』や『ペニスサイズ』との関係性について解説していくと共に、
テストステロンを効率的に増やす方法についても紹介していきます。

一般的には加齢によりテストステロンの分泌量は減っていくばかりです。
ただし、これは何も対策をしない状態でのことです。

きちんと対策をしていけば、テストステロンの分泌量を取り戻す事も充分に可能です。

『テストステロンとペニスサイズの関係性を知りたい方』
『テストステロンの分泌を増やす方法を知りたい方』
これらの方は特に参考になると思います。
ぜひご覧下さい。

テストステロンについて|ペニスサイズとの関連性を解説

テストステロンとは男性ホルモンの一種で、いくつかある男性ホルモンの中で最も効果が強く代表的な性ホルモンです。

テストステロン(Testosterone)は、男性ホルモン(アンドロゲン)のひとつです。
<中略>
男性の場合、約95%が睾丸(精巣)の中で、残る5%が副腎で合成され、分泌されていると言われています。テストステロンの原料はコレステロールで、体内で複雑なプロセスを経てテストステロンに生合成されています。
<中略>
テストステロンの分泌は20歳代をピークに、その後加齢とともに衰えて行きます。 普通は徐々に衰えますので、何となく「歳をとって来たかな?」とお感じになる男性が多いと思いますが、40代から60歳代にかけては、男性の社会的責任とストレスが公私共々高まる時期です。そのため、人によっては、ある日突然テストステロンの分泌が急激に減ってしまうために、自律神経失調のような不定愁訴を生じてしまうことがあります。これが、男性更年期です。
引用:大東製薬工業株式会社

ヒゲが濃くなりはじめる時期と同じ10代後半から20代にかけてテストステロンの分泌量がピークになります。
その後30代からは徐々に減っていってしまいます。
通常は徐々に減少していきますが、上記に記載の通り、精神的ストレスと重なってしまう事で、更に急激なテストステロンの減少が起こり、更年期障害に陥ってしまう事もあります。
これは、個人の元々持っている体質や生活環境によるので個人差が大きいです。

減少している時には、そんなテストステロンの持つ効果は、わかりませんが10代の第二次性徴期の始まりの中学生くらいの時に急激にテストステロンの分泌量が増えます。
この際、一言でまとめられると『男性らしい身体付きになる!』と言われますが、これはテストステロンの分泌量が増えた事で起こる効果と言っても良いでしょう。
具体的には下記のような変化です。

■テストステロンが増えた時に起こる身体の変化

  • 筋肉、骨格が発達し身体が大きくなっていく
  • ヒゲや全身の体毛が濃く、量も増える
  • 喉仏が出て声が低くなっていく
  • 性的欲求が高まっていく
  • ペニスが太く長く成長していく

これらがテストステロンの影響を強く受け、変化していく身体に起こることです。
つまり、あまり考えもしなかった女性とは違う男性特有の身体の変化はテストステロンの作用によるものだった!というわけなのです。

大人になってからテストステロンを増やすと更に体毛が濃くなり、声も低くなるの?
と不安に思う方もいるかもしれませんが、
成長期を過ぎた男性は、テストステロンを増やしたところで極端な影響は受けません。むしろそこまでの影響を受けるほどは、直接医療注射でもしない限り増えません。

それよりも、30代になってから自然減少していくテストステロンの分泌量を維持してあげる方が身体にとって有益なのです。

体内のテストステロン量を増やすことでペニス増大効果が期待できる

中高生時代の第二次性徴期にペニスの成長を促す働きのあるテストステロンですが、実は成人してからでもペニスの成長に間接的に役に立つ事がわかっています。

そのカギはテストステロンによる『勃起力を高める効果』です。

いわゆる「性欲」「性衝動」は、テストステロンの作用です。
異性を惹きつける体臭と言われるフェロモンを発生させて、ドーパミンという興奮作用のある神経伝達物質を増やします。
そして、骨盤神経に作用して勃起を起こすなど、男性がセックスを行うために必要な「興奮」「勃起」などのスイッチを次々と立ち上げて行くはたらきがあるのです。
男性の5~10%と、わずかながら女性も男性ホルモンを分泌していますが、男女にかかわらず、テストステロンは人間自身が分泌する、最も自然で強力な媚薬であり、天然の催淫薬なのかも知れません。
引用:テストステロンの作用とはたらき|大東製薬工業株式会社

第二次性徴期のように直接ペニスの細胞を強烈に分裂させ成長させる働きは望めませんが、勃起力を高める効果は何歳になっても健在です。
そして、勃起力が高まるという事はペニスにより多くの血液を集めるという事です。

これにより、ペニスの勃起時の増大効果が狙えるわけです。
勃起の回数や頻度、勃起の度合いが強くなると、それだけ多くの血液が集まるという事ですから、ペニスの細胞がより多くの血液を集められるように”器”自体を大きくしようとします。

そして、ペニスの海綿体細胞に増大に必要な栄養が適切に行き届きやすくなり、細胞単位での成長を実現できるというわけです。

このように成人を過ぎてからのペニス増大は、テストステロンだけの力で直接達成する事は出来ませんが、間接的にならペニスへ流れる血液の量を増やしてあげる事で実現出来るのです。

テストステロンを増やす方法はコレ!

テストステロンは何もしないと一般的に30代に入ると分泌量が徐々に下降していきます。
つまり加齢により下がるのが一般的ですが、その下がり方は生活習慣によっても左右されます。

テストステロンが年齢の割に下がり過ぎてしまうと
勃起障害
更年期障害
等の症状が出てしまう可能性が高くなります。

勃起しなくなってしまっては、生活にハリも無くなってしまいますし、それ以上深刻なのが更年期障害です。
更年期障害は女性に起こる病気だと考えられがちですが、男性にもテストステロンの分泌量が下がる事で起こってしまうのです。
男性型の更年期障害は鬱病も発症しやすく、仕事面や生活全体への悪影響を及ぼす可能性が高くなるので適切に対処するのが望ましいです。

その為にもテストステロンの分泌量を下げ過ぎない事が大事です。
『分泌量を維持』または
『下がってしまった分泌量を正常値に戻してあげる』
これらの取り組みが大事というわけです。

具体的な『テストステロンを増やす方法』は下記の3つです。

  • 定期的な運動を心がける
  • テストステロンの分泌を促進する食事をとる
  • テストステロンの分泌促進効果が期待できるサプリを摂取

これらを実行する事で、テストステロンの分泌量を増やすのが期待できます。
テストステロンを増やす事は、ペニス増大だけではなく、男性特有の体調維持にも繋がっていくのでぜひ取り組んでみて下さい。
それでは、それぞれ詳しく説明していきます。

定期的な運動を心がける

定期的な運動はテストステロンの分泌促進に効果的です。

基本的には運動全般効果的です。
ジョギング等の有酸素運動も効果的ではありますが、マラソンの練習レベルでやり過ぎると逆にテストステロンの分泌が下がってしまうというデータもあるので注意が必要です。

テストステロンを増やす為に運動で最もオススメするのは『筋トレ』の中の『スクワット』です。
筋トレ自体がテストステロンを増やすのに非常に効果的なのですが、その中でもスクワットは超最適なのです。

運動のタイプでは最大負荷量の75-80%の負荷をかけ10-12
回のトレーニングを1-2分の休憩で3-4セット施行することで
テストステロンの上昇を認める。
<中略>
前述のとおり、運動負荷後のテストステロン上昇は一過性であるが、運動の種類に応じて、テストステロン上昇は維持可能である。70%負荷を10回3セットやった群と85%負荷を3回8セットやった群―言い換えると普通のスクワットを10回3セットやった群とウェイトリフティングを3回8セットやった群では有意に前者(スクワット群)のほうがテストス
テロン維持率は高かった
引用:日本Men’s Health医学会

上記の引用元に記載の通り、ウェイトリフティングよりも『スクワット』の方がテストステロンの分泌量が高く維持されているというのが、医学的にも証明されています。

スクワットの効用については、あの有名AV男優の『しみけん』さんも定期的にTwitterで述べていますね。

スクワットに関しては、ちょうどペニスに近い太腿の筋肉を鍛えるのに向いています。
大腿部の筋肉が発達すると、ペニスの勃起に関係するPC筋も鍛える事に繋がり、テストステロンを増やすだけではなく、
勃起に必要な筋肉を鍛えられる
太腿の筋肉が鍛えられる事で、近い部分の
ペニスへの血流量を増やす事が出来る
これら2つのメリットもあります。

■効果的な正しいスクワットの方法

  1. 背筋を伸ばし直立し、足を肩幅程度まで広げる
  2. 手を頭の後ろに付け、膝がつま先より前に出ないように腰を落とす
  3. 太腿が地面と平行になるまで腰を落としたら3~5秒キープする
  4. ゆっくりと1の直立した状態まで戻していく

上記を10回を1セットとし、1日3セットやるのを目標にして下さい。

最初は大変なので無理しない方が良いので1セットから始めてみると良いでしょう。

時間にして1セット3分もかかりません。
筋トレをしにジムに行く必要もありません。
好きなタイミングでいつでも出来て、費用も発生しないので、今日からでも始めてみてはいかがでしょうか?
仕事や遊びで忙しい方に特にオススメですよ。
毎日でも良いですし、週に4日は継続していきましょう。
数ヶ月後、違いが現れてくるでしょう。

テストステロンの分泌を促進する食事をとる

テストステロンは食事に気をつかう事で分泌量を増やす事が出来ます。
分泌量を上げる為の食品はいくつかありますが、最もオススメなのが『亜鉛』が多く含まれた食品です。

食事であるが、第一に亜鉛がキーとなることが報告されている。亜鉛は牡蠣や豚肉に多く含まれるが、韓国の検討では毛髪の亜鉛の濃度が高い男性のテストステロンは高値であり、亜鉛の摂取がテストステロン維持に重要であるとしている。
引用:Men’s Health医学会

亜鉛は体内で数百にもなる酵素やタンパク質の分解と合成に関わる必須ミネラルです。
その働きの一環として、テストステロンの分泌量を増やす働きがあるのです。

■亜鉛が多く含まれている食品一覧

食品名 亜鉛量(食品100gあたりの亜鉛含有量)
生牡蠣 14.5mg
ビーフジャーキー 8.8mg
ぶたスモークレバー 8.7mg
パルメザンチーズ 7.3mg
煮干し(かたくちいわし) 7.2mg

一部データを引用:亜鉛の働き|公益財団法人長寿科学復興財団

上記の亜鉛が多く含まれる食品を定期的に食べていく事でテストステロンの分泌量を増やす事が期待できます。

亜鉛は元々、日本人には不足しがちなミネラルです。
牡蠣パーティー等で大量に食べてしまわない限りは過剰摂取には、なりにくいです。
1日の耐用上限量40mgを超えないように毎日摂取していくのをオススメします。

1日の日本人男性の亜鉛摂取推奨量は『10mg』です。
大き目の生牡蠣で1個約20gですから、3.5個(約70g)で、その内の亜鉛の含有量が『約10.15g』になるので摂取目安量がこの程度という事になります。
出来るだけ、この10mg相当の亜鉛を含んだ食品を継続的に摂取していく事をオススメします。

ただし牡蠣なんかは高級食材ですので、毎日どころか、定期的に食べるのも難しいという方もいるでしょう。
また、毎日の献立の中で『亜鉛』の事を気にし過ぎるあまり、食べたい物が食べられなくなったり、面倒でストレスになってしまったりする方もいるでしょう。

そんな方には、不足しがちな亜鉛を気軽に摂取できるサプリも良いですよ。
次の項目で詳しく説明していきます。

テストステロンの分泌促進効果が期待できるサプリを摂取

前の項目でも紹介していきましたが、テストステロンを増やすには『亜鉛』の力が必要です。
亜鉛を含有し、テストステロンの分泌促進が期待出来る種類のサプリは下記の3つです。

  • 亜鉛単体サプリメント
  • 精力剤サプリ
  • ペニス増大サプリ

この中で、テストステロンの分泌促進を最も実現したいのならば『ペニス増大サプリ』を選ぶべきです。

亜鉛単体サプリも価格も比較的安く物自体は良いのですが、当然ながら亜鉛しか含まれていません。
それに対して、精力剤やペニス増大サプリには、亜鉛の他にも複数の男性機能の向上を促す成分がいくつも含まれています。

そして、精力剤よりもペニス増大サプリの方が、『テストステロンの分泌促進』更に、ペニスの増大を目指す目的の上では優位性が高いのです。

商品によって配合されている成分の数は異なりますが、一般にペニス増大サプリの方が配合成分が多いです。
そして、その配合された成分は単体よりも複数合わさる事で相乗効果を生みます。

ペニス増大サプリは、最初からその相乗効果を生むような設計になっています。
具体的にはテストステロンの分泌促進だけではなく、ペニスへの血流改善を促す『シトルリン』等の成分ですね。

ですから3種類のサプリの中では増大サプリが最もペニス増大を実現出来るでしょう。
しかも食事で献立を考えるような手間も要らず、『毎日推奨量を飲むだけ!』の手軽さがあります。

たったこれだけで『テストステロンの分泌促進』や『ペニス増大効果』が実感出来るのはペニス増大サプリだけです。
一度は試してみる価値があると言えますよ。

テストステロンを増やしペニス増大を実現しよう!

テストステロンは、
勃起力の向上
ペニス増大
を実現する男性ホルモンの一種です。
更にテストステロンを具体的に増やす方法についても紹介していきましたね。
まとめると、

■テストステロンを増やす方法

  • 定期的な運動を心がける
  • テストステロンの分泌を促進する食事をとる
  • テストステロンの分泌促進効果が期待できるサプリを摂取

この中で運動は『スクワット』がオススメと紹介していきました。
1セット3分もかからないので、ぜひ毎日3セット続けて欲しいです。

食事でのテストステロンの分泌促進については、『調理が好きな方』『毎日の献立を考えるのが好きな方』更に
『牡蠣等の貝類が大好きな方』
これらの方はオススメできる方法ですね。

しかし、それ以外の
仕事が忙しい方
毎日自炊が困難な方
これらの方には、『サプリ』でのテストステロンを増やす方法をオススメします。
サプリのメリットは何と言ってもその『手軽さ』です。
毎日飲むだけ!という労力がほとんどかからない所が他の方法に比べ優位性がありますね。

出来ればスクワットと併用し、サプリを摂取する事!
出来なければサプリだけでも構わないので一度試してみると良いでしょう。