ペニス増大を実現する7つの生活習慣!今日からスグ出来る改善方法

『短小ペニスを大きくしたい』
『ペニスは増大させたいが、なるべくお金をかけたくない』
このような方向けに費用がかからずにペニス増大を実現する方法を紹介していきます。

ペニス増大を実現するならば『ペニス増大サプリ』や『増大クリーム』最終手段としての『増大手術』がより有効的ではありますが、いきなりこのような手段を用いるのは精神的にも金銭的にも負担が大きいと感じますよね。

こちらのページではお金をかけずにペニス増大をする方法として『生活習慣の改善』を提案しています。

そんな生活習慣の改善の中でも特に注意すべき7つの習慣に注目してみました。
どれも今日から始められる事ばかりです。すぐに実践しペニス増大を実現していきましょう。

生活習慣の改善で本当にペニスは大きくなる?ペニス増大のメカニズムから押さえておこう!

生活習慣の改善だけで本当にペニス増大が実現出来るのか?
このような不安を抱く方も多いでしょう。

この不安を解消する為に、まずはペニスが増大するメカニズムについて知る必要があります。
下記のイラストはペニスの構造を表現したものです。


出典:お薬ラボ

図のように陰茎海綿体の割合が多いのがわかるかと思います。
この海綿体というのは無数の毛細血管が張り巡らされており、スポンジ状の組織です。

スポンジ状ですので普段はスカスカの状態です。
勃起の際に毛細血管に血液が集まり海綿体組織自体が膨張し硬く、大きくなります。
更にこの血液の集まる量を増やす事と集まる時間を出来るだけ長くする事で海綿体組織自体の成長も見込め、ペニス増大へと繋がっていきます。

これらもふまえペニス増大のメカニズムとして下記の3つが重要です。

  • 血流改善しなるべく多くの血液をペニスに集める
  • 細胞単位での成長の為に成長ホルモンの分泌促進
  • 性欲、勃起力を高める男性ホルモンの分泌促進

こらら3つを実現出来ればペニス増大も実現出来ます。
そして、生活習慣の改善のみでもこれらを実現する事も可能。
次の項目では、具体的にペニス増大の為に改善すべき7つの生活習慣をお伝えしていきます。

ペニス増大を実現する7つの生活習慣

ここではペニス増大を実現する生活習慣を7つ紹介していきますが、その7つの中でもそれぞれ目的が違います。
7つの改善すべき生活習慣を目的別に3つに分けて紹介していきます。

  • 血流改善の為に!3つの生活習慣
  • 成長ホルモンの分泌を促す2つの生活習慣
  • 男性ホルモンの分泌を促す2つの生活習慣

どれか1つだけ改善する!というわけではなくて、なるべく全て改善をしていけると効果的です。

血流改善の為に!3つの生活習慣

ペニス増大に不可欠な『血流改善』の効果がある生活習慣は下記の3つ。

  • 血流改善効果がある食品を食べる
  • 過度な飲酒は避け、適量の飲酒を心がける
  • タバコを吸っている方は禁煙をする

血流改善効果がある食品を食べる

食品の中には、血流を改善する効果のある物があります。
それはみなさんが、日常的に口にするものです。
以下は代表的な食品例です。

食品名 栄養素名 栄養素の1日の摂取目安量 1日分の摂取目安量の為に必要な食品の量
納豆 ナットウキナーゼ 2,000FU 1~2パック
ショウガ ジンゲロール

ショウガオール

特になし 生の場合5~10g程度

乾燥生姜1~2g程度

スイカ シトルリン 800mg 大玉で7分の1切れ
するめ、ゼラチン、豆類 アルギニン 3,000~6,000mg 100g程度
青魚(サバ、サンマ等) EPA 1,000mg 青魚100g程度

これら全て血流を改善していく作用があるのですが、食品によって少し作用する効果が異なっていきます。
まず順番に説明していくと、
納豆には『ナットウキナーゼ』と呼ばれる成分が含まれており、このナットウキナーゼには血液内の血栓を溶かす作用があります。
これは、血液をサラサラにすると表現される作用です。
脳梗塞や、心筋梗塞の予防にもなる食品として知られていますね。

次にショウガですが、ショウガには『ジンゲロール』と『ショウガオール』と呼ばれる辛み成分が含まれており、これらは体温を上げたり新陳代謝を活発させたりする働きがあります。
ショウガは、冷え性対策でもよく食べられているように、身体の体温を上げ、末梢の血流をよくする作用があるのです。

次にスイカに含まれる『シトルリン』ですが、ペニス増大にとって必要不可欠とも言われる増大成分です。
その理屈としては、やはり血流改善効果ですが、
血液中のNO(一酸化窒素)の産生を促す事で血管が拡張され血液の巡りが良くなります。

アルギニンに関しては、するめ、ゼラチン、豆類の他にも肉類にも多く含まれている身近なアミノ酸の1つです。
シトルリンと同様に、NOの産生を促す血管拡張作用や成長ホルモンの分泌を増やす作用もあります。
シトルリンとの相乗効果もあるので、両方とも同時に摂取するのが望ましいです。

最後に青魚、主にサンマやサバに含まれているEPAです。
このEPAとは不飽和脂肪酸の事ですが、血液中の中性脂肪の数値を下げる作用があります。
これにより血液がサラサラになり血流改善効果や動脈硬化の予防としても摂取している方もいます。

それぞれの食品を摂取する事により、直接的な効果は異なりますが、結論として『血流改善効果』が期待できます。
ただし、食品で体質を変えるというのは、数日程度で実現出来るか?というと答えはNOです。
やはり最低でも3ヶ月程度は食事にこれらの食品を取り入れるのを継続していかなくてはなりません。

ペニス増大を目指すならば特に注目すべきは『シトルリン』です。
ただしスイカを毎日食べ続けるのも、時期的な物や費用の面でも現実的ではありません。
他にシトルリンの配合量が多い『ウリ科』の食品で代用するのも良いですし、一週間に1回はスイカを食べる!というような無理しない程度のマイルールを決めて取り掛かるのも良いですね。

また、シトルリンの継続摂取にはペニス増大サプリも最適です。

■参考サイト
血液をサラサラにするには|オムロンヘルスケア
納豆を食べて血栓予防!|医療法人医徳会真壁病院
日本ナットウキナーゼ協会
魚を食べよう
食品成分ランキング

過度な飲酒は避け、適量の飲酒を心がける

過度な飲酒は、血管の収縮反応を起こし血圧を上げたり、動脈硬化にも繋がってしまうので注意が必要ですが、
適量のお酒は『百薬の長』とも呼ばれています。

=「適度」なお酒の効用=
<中略>
○疲労回復
アルコールには血行を良くする働きと利尿作用があるので、適度であれば身体の代謝を高め疲労回復に役立ちます。
引用:ほどほどならOK?『お酒』の健康小話|タニタ運営[からだカルテ]

このように適度なお酒は血管の拡張作用があり、血流を良くする働きがあります。
その“適量”というのは人によってアルコール分解酵素の関係から異なりますが、ご自身がほろ酔いになる程度、きちんと休肝日を設ける等の意識があれば、それは適度な飲酒と言えるでしょう。
そうは言ってもある程度の客観的な目安は知りたいですよね。
そんな方は下記の表をご覧下さい。
■酒の種類別の適度な飲酒量目安


出典:適量ってどのくらい?|サントリー

厚生労働省は、平成25年から開始された「健康日本21(第二次)」で、「生活習慣病のリスクを高める飲酒量」を、1日当たりの純アルコール摂取量が男性で40g以上、女性で20g以上と定義しています。
引用:適量ってどのくらい?|サントリー

上記の画像のように純アルコール量20gを目安として酒の種類別に飲酒量を計算してみると。

酒の種類 アルコール20gを含む量
ビール(アルコール度数5%) 500ml(中瓶1本)
日本酒(アルコール度数15%) 180ml(1合)
焼酎(アルコール度数25%) 110ml(0.6合)
ウイスキー(アルコール度数43%) 60ml(ダブル1杯)
ワイン(アルコール度数14%) 180ml(1/4本)
缶チューハイ(アルコール度数5%) 520ml(1.5缶)

前述したように体質によって個人差があります。女性や身体の小さい方、高齢者等はこの純アルコール20gでも適量にはならない可能性が高いです。
アルコールを大量に摂取してしまうと、肝臓や脳へのダメージ。
男性機能で言うと、睾丸の萎縮等の症状が出てしまう恐れがあります。

血流改善の為の飲酒はあくまで適量であるべきです。
2日酔いになるまで飲んでしまっている状態は、適量を超えています。
次の日の目覚めがスッキリ起きられる程度を目安にアルコールと付き合っていくと良いですね。

タバコを吸っている方は禁煙をする<

タバコに含まれるニコチンは血流を悪くする作用があります。

ニコチンは依存性の高い薬物で、喫煙すると約8秒で脳を刺激し、血中濃度は1~3分で高くなります。また、血管を収縮させる作用があるため、脳や皮膚の血流を障害し、頭痛・肩こり等を引き起こします。血圧・心拍数も上昇するため、血管の負担が強く、心筋梗塞・狭心症・脳卒中を起こす危険が高くなります。
引用:タバコ煙の三大有害成分と禁煙の効果|亀田グループポータル

更に上記の情報サイトでは、喫煙者が禁煙をして5年経過した際には、肺がんになる確率が半分に、10年経過した際には前がん状態の細胞が修復され、元々タバコを吸っていない人の健康状態と同等になると記載しています。

ニコチンによる血管収縮作用だけではなく、タールの発がん作用もあるので、ペニス増大の為の血流改善を目指すのに加え、健康維持の為にも喫煙は良い事は一切ありません!

すぐにでも禁煙を始めるのを推奨します。

下記はオススメの禁煙方法です。

  • どんな時にタバコを吸いたくなるか明確にする
  • 少しずつ本数を減らす
  • タバコ、ライター、灰皿等を一気に捨てる
  • ガム等で代用する
  • 禁煙補助薬を使う
  • 禁煙外来に通う

まず1番最初に確認すべき事は自分がどのタイミングでタバコを吸いたくなるのか?を知る事です。
そして、その思いつくタイミングを紙に書き出してみましょう。
無自覚で勝手に手がタバコを持つような状態になっている方は、ハッとする事もあるでしょう。
動機やタイミングを自覚するという事は、客観的に喫煙衝動を捉える事ができます。
その喫煙衝動に真っ向から立ち向かう事で禁煙を実現出来るというわけです。

その他の方法は具体的な禁煙の手法です。
最終手段として禁煙外来に通うのも良いですが、費用がかかってしまいますので、なるべくお金をかけたくない方は上から順番に試してみるのが良いでしょう。

禁煙による血流改善効果はおおむね2週間ほどで現れてきます。
ペニス増大の為には、血流改善効果は不可欠です。禁煙は絶対に達成したいところですね。

成長ホルモンの分泌を促す2つの生活習慣

ペニス増大の為には海綿体組織の細胞単位での成長が不可欠です!
そしてその成長のカギを握っているのは『成長ホルモン』です。
ここではそんな成長ホルモンの分泌を促す2つの方法を紹介していきます。
どちらも日常の生活習慣で改善出来ますので、今日から始めてみて下さい。

  • 成長ホルモンを分泌促進させる食品を摂取
  • 睡眠の質を高める

成長ホルモンを分泌促進させる食品を摂取

食品の中には成長ホルモンの分泌を促進させる物があります。
以下の表は代表的な物です。

食品名 栄養素名 栄養素の1日の摂取目安量 1日分の摂取目安量の為に必要な食品の量
豚ゼラチン、肉、マグロ、エビ、大豆 アルギニン 3,000~6,000mg 豚ゼラチン50g程度

その他100g程度

牡蠣、牛肉 亜鉛 10mg 牡蠣4つ程度(80g)
発芽玄米 GABA 30~100mg 2合
アルファGPC 特になし

米国においては1,000mg程度

2~3個

この中でも特に注目なのが『アルギニン』と呼ばれる非必須アミノ酸です。
アルギニンはよく『子供の成長サプリ』として用いられているくらいに成長ホルモンの分泌促進が期待できます。
最もアルギニンを多く含んでいるのは『豚ゼラチン』です。

次に亜鉛はセックスミネラルとも呼ばれるほど、男性の性機能回復に効果的なミネラルですが、成長ホルモンの産生や働きに深く関わっているので積極的に摂取していきましょう。

■成長ホルモン分泌に効果的な4つの栄養素を含む食品の摂取方法まとめ

  • 豚ゼラチンを含む鍋、角煮等の料理を食べる
  • 牡蠣、牛肉を積極的に食べていく
  • 普段食べているお米を発芽玄米にする
  • 卵料理を積極的に食べる

どれも無理しない程度に継続的に摂取していくと効果的です。
1日に全ての食品を食べなくてはならない!というわけではありませんが、なるべくバランスを考えどれか含む物を食べていくと良いですね。
卵は毎朝食べるのを日課にしやすいですね。

■参考サイト
健康を支えるアミノ酸、アルギニンってなに?|glico
GABA(ギャバ)の効果効能
α-GPC(グリセロホスホコリン)

睡眠の質を高める

前述したペニスを増大させる為に必須な成長ホルモンというのは、寝ている間により多く分泌されていきます。

しかし、寝るタイミングや睡眠不足等の睡眠の質が悪いとその分泌量が充分じゃなくなったりする事もあるのです。

睡眠レベルラインが最高レベルに上がりきると成長ホルモンの分泌が始まります。昔から「寝る子は育つ」といわれている所以です。この成長ホルモンは子供の場合は主に発育を促す、大人の場合は傷を負った細胞の修復に欠かせない全身に働く下垂体ホルモン。したがって、カラダがだるい、疲れている、疲れが取れないなどの人は寝不足や熟睡出来ない人だったり、熟睡は出来ているものの夕食時間が遅く食後すぐに(食事から4時間以内)就寝するためホルモン分泌機能が妨げられている事が考えられます。
引用:睡眠の基礎知識|日本看護学校協議会共済会

言い換えると成長ホルモンの分泌を促進させる為には、睡眠の質を高める事が必須というわけです。

睡眠の質を高める為に、睡眠前の生活習慣で注意すべき事が以下の3つです。

  • 就寝30分前には覚醒効果のあるスマホ、PC、テレビは見ない
  • 食事は就寝4時間前には済ませておく
  • コーヒー、お茶等のカフェイン含有物は就寝6時間前までに!

これらの事に気をつけていれば睡眠の質を高める事やスムーズな入眠を促すので結果的に睡眠の質、量と共に向上します。
成長ホルモンの分泌を促進させるには、出来れば7時間以上の睡眠、最低でも6時間程度の睡眠時間は確保したいところです。

男性ホルモンの分泌を促す2つの生活習慣

ペニス増大には男性ホルモンの分泌を増やすのが必須条件です。
ここでは生活習慣の改善で男性ホルモンを増やす方法を2つ紹介していきます。

  • 男性ホルモンの分泌を増やす食品を摂取
  • スクワット等で下半身の筋肉を鍛える

男性ホルモンの分泌を増やす食品を摂取

男性ホルモン(テストステロン)は摂取する食品によっても分泌を促進させる事が出来ます。
以下は男性ホルモンを増やすとされる代表的な食品3つです。

食品名 栄養素名 栄養素の1日の摂取目安量 1日分の摂取目安量の為に必要な食品の量
牡蠣 亜鉛 10mg 牡蠣4つ程度(80g)
玉ねぎ アリイン なし 1玉の半分
ヤマイモ ジオスゲニン 25~50mg 100g程度

この中でも亜鉛が特に注目の栄養素です。
海外では古くから男性の性機能向上目的で愛されており、『セックスミネラル』とも呼ばれています。
男性ホルモンの分泌を増やし、精子の質や量も向上させる働きがあるのがわかっています。

そんな亜鉛は牡蠣に多く含まれています。牡蠣が苦手な方は牛肉等にも多く含まれているので代用してみるのも良いでしょう。
玉ねぎは、そのままサラダとして食べるのも良いですし、野菜炒め、天ぷら、カレー等と様々な料理で摂取する事が出来ます。

ヤマイモは、とろろご飯として食べるのが一般的ですが、てんぷら、あんかけ、お好み焼き等でも美味しく召し上がれます。

■参考サイト
男の守り神『亜鉛』正しくとれてる?|NIKKEI STYLE
タマネギの成分で加齢による男性の性欲減退を防げる!?|マイナビニュース
滋養強壮作用等を担うといわれているジオスゲニン成分の含有率が高い
国産ヤムイモ、トゲドコロの発見について|タカラバイオ株式会社

スクワット等で下半身の筋肉を鍛える

運動には男性ホルモン(テストステロン)の分泌促進の作用があります。
その中でも下半身を鍛える事で更に多くのテストステロンの分泌が期待出来ます。

運動の種類に応じて、テストステロン上昇は維持可能である。70%負荷を10回3セットやった群と85%負荷を3回8セットやった群―言い換えると普通のスクワットを10回3セットやった群とウェイトリフティングを3回8セットやった群では有意に前者(スクワット群)のほうがテストステロン維持率は高かった
<中略>
また、運動が及ぼす脳への影響も報告されており、最近の報告では運動によって海馬におけるDHTが有意な上昇を示すことが明らかになっている。これまで、運動療法が認知機能やうつ症状に貢献するメカニズムが明らかではなかったが、テストステロンが介入している可能性が高い。
引用:テストステロン:すべての男性の活力の源|日本メンズヘルス医学会

特にスクワットのテストステロンの分泌量に優位があります。
これはスクワットにより、睾丸付近が刺激されるからだと考えられます。

また、スクワットには勃起のコントロールやペニス増大の鍵になるPC筋を鍛える効果もあるので一石二鳥と考えて良いでしょう。

問題なのは正しいスクワットのやり方です。
間違った方法のスクワットだと、大事な部分を刺激できないばかりか、筋肉や関節を痛める事につながってしまいます。

以下は正しいスクワットの方法です。

  1. 足先を外側に向けながら足を肩幅に広げる
  2. 背筋を伸ばした状態にする
  3. 息を吸いながらゆっくりと太ももが地面に平行になるまで腰を下げる
  4. 腰を下げた状態で3秒~5秒ほど静止
  5. ゆっくりと元の状態に戻していく
  6. 膝が完全に伸ばした状態になる直前で3から繰り返す
  7. 3~6を10回を1セット~3セット行う

注意点としては3の時に、膝がつま先よりも前に出ないようにする事です。
太もも、ハムストリングを意識して行うとより効果的です。
筋トレによるテストステロンの分泌促進は、1日や2日程度の実践では効果は限定的です。
3ヶ月程度継続していくと、効果を実感したという声が多いです。
テレビを見ながらでも構わないので、毎日継続していくのが大事ですね。

今日からスグ出来る生活習慣の改善でペニス増大を実現しよう!

前述したように今日からすぐに出来る7つの生活習慣の改善でペニス増大が見込めます!

再度7つの改善すべき生活習慣をまとめると下記の通りです。

  • 血流改善効果がある食品を食べる
  • 過度な飲酒は避け、適量の飲酒を心がける
  • タバコを吸っている方は禁煙をする
  • 成長ホルモンを分泌促進させる食品を摂取
  • 睡眠の質を高める
  • 男性ホルモンの分泌を増やす食品を摂取
  • スクワット等で下半身の筋肉を鍛える

生活習慣の改善でペニスの増大を目指すとなると、全て実践しなければなりません。
一つ一つに劇的な効果があるわけではないからです。

ペニス増大サプリやペニス増大クリームは完璧に生活習慣の改善をしなくても増大効果が高い商品です。
もし、生活習慣の改善を完璧にこなす自信や時間、気持ちの余裕の無い方はこのような商品に頼った方が増大効果はすぐに出ます。

できれば上記の生活習慣の改善と一緒に増大サプリ、増大クリームを併用していくと、更に増大の相乗効果が期待できるので理想的です。

大事なのは、自分に合った増大方法です。色々試してみてこれなら継続できる方法を見つけていきましょう。