ペニス増大には快眠が絶対条件!質の良い睡眠をとる方法10選

ペニス増大を目指している方でサプリやチントレ、増大器具の使用等で努力している方も多いでしょうが、実は適切な睡眠をきちんと取れているかどうかも増大を実現出来るかの鍵になります。

特に自覚症状として
寝つきが悪い
慢性的な睡眠不足
きちんと寝ているつもりなのに眠りが浅く疲れが取れない
このように感じている方は増大サプリを飲んでいても増大の実現が難しいかもしれません。

やはりペニス増大には快眠が絶対的に必要です!
では具体的に快眠とはどのようなレベルの事を言うのか?
こちらのページでは、具体的に質の良い睡眠がどのようにペニス増大に効果的なのか、また質の良い睡眠をとる具体的な方法を10個紹介していきます。

良質な睡眠中に分泌される2つのホルモンがペニス増大には不可欠!

まずペニス増大を実現する為には下記の2つのホルモンが必要不可欠です。

  • 男性ホルモン
  • 成長ホルモン

2つとも名前は聞いた事があるという方も多いかもしれません。
具体的に効果を説明すると、男性ホルモン(テストステロン)はNO(一酸化窒素)の産生を促し血流の改善をする事でペニスの海綿体組織に血液を集め勃起を硬く強くします。

成長ホルモンはペニスの海綿体組織自体を細胞単位で成長させていく働きがあります。

ペニスを増大させるには、この勃起の強さや頻度を高める事と海綿体細胞自体を成長させる事が不可欠です。
その為にも2つのホルモンをより多く分泌させるのが理想的です。
そしてこの2つのホルモン『男性ホルモン』『成長ホルモン』は睡眠中に多く分泌される特徴があります。

睡眠不足であったり質の悪い睡眠が続くといった場合には、適切に分泌されなくなりペニス増大が遠のくというわけです。

ですから、質の良い睡眠を継続して取るという事はペニス増大に必要不可欠だと言えます。
次の項目ではそんな“快眠”状態になるために必要な事も説明していきます。

快眠へ押さえておくべき2つの事

具体的に快眠の方法を紹介する前に、“快眠”状態になる為に押さえておくべき2つの事を紹介していきます。
その2つの事とは下記の通りです。

  • 深部体温を下げる
  • 最初の睡眠90分が大事

深部体温を下げる

実は体温には大きく分けると『皮膚体温』と『深部体温』があり、快眠には身体の奥の内蔵や深部の体温を下げるのが大事です。

以下は深部の体温が外に逃げていく時に睡眠に入るというメカニズムを紹介した記事です。

眠りに入る時に、手足の甲の皮膚血管が開き、体に対する手足の相対的温度が上昇します。そして、手足から外界に熱が逃げていくことで体の内部の温度が下がっていきます。眠いとき、赤ちゃんの手が暖かくなるのと同じで、特定の皮膚部位(ここでは手足の甲)から熱を外界に逃がすことで体の内部の温度を下げ、つまり体全体の代謝を下げ、これに引き続いて脳温も下がって眠りに入るのです。
人間の脳はほかの動物とくらべて、高い機能をもっており、昼間は脳をフルに使って生活しています。そこで疲れた脳が オーバーヒートしないように、脳の温度を下げて休ませ、脳の疲労を回復させるのが睡眠なのです。
引用:睡眠と体温|テルモ体温研究所

深部の熱を皮膚を通じて表面から逃していく事で深部体温を下げていきます。
これを熱放散と言います。

この熱放射で深部体温が下がると自然に睡魔がきてそのまま眠りにつけるというわけですね。
快眠の為には睡眠前~睡眠時の深部の体温コントロールが大事になってきます。

最初の睡眠90分が大事

快眠には入眠時の最初の90分間がどの状態であるかが大事です。
睡眠にはご存知の方も多いかもしれませんが、2つの状態があります。

  • レム睡眠
  • ノンレム睡眠

レム睡眠は浅い眠りで、身体は眠っているが脳が起きている状態の事を言います。
対してノンレム睡眠は深い眠りという意味で身体も脳も眠っている状態です。
この2つの睡眠の状態というのは、およそ90分のサイクルで交互に訪れます。
そして、睡眠のスタートというのは、『ノンレム睡眠』から始まるのです。

つまり入眠時からすぐが深い眠りというわけです。
この最初の深い眠りが上手くいかないとその日の睡眠全体に悪影響を及ぼしてしまいます。
快眠出来ていないとペニス増大どころか翌日の仕事のパフォーマンスにも影響してくるのでスムーズな入眠を心がけたいところです。

新事実!実は睡眠のゴールデンタイムは存在しない!?

昔から言われてきた事ですが睡眠の『ゴールデンタイム』と呼ばれるのをご存知でしょうか?
睡眠のゴールデンタイムというのは、22時から26時の間に睡眠状態に入っていると成長ホルモンが多く分泌され、その他の時間帯に睡眠をとるよりも睡眠の効率が良いとされる時間帯です。
なるほど!としばらく信じられてきた通説ですが、実は間違いな事がわかってきました。

実はこれ時間帯が大事である!というわけではなくて、前述したように入眠してからすぐの睡眠の質の高さが重要という事なんです。
成長ホルモンに関しては最初のノンレム睡眠のタイミングに、より多く分泌されるので、ゴールデンタイムのような虚偽の通説が広まった根拠とされてしまったのです。

ですから質の良い睡眠を心がける為に『22時前に寝ないと!!』と生活リズムも無視し無理矢理布団に入るのもあまり意味が無いどころか、深部体温が下がり切らないタイミングであったりストレスになってしまったりで、逆に睡眠の質が下がる原因にもなってしまうので注意しましょう。

ペニス増大への絶対条件!質の良い睡眠をとる方法10選

ここでは質の良い睡眠=快眠をする為の具体的な方法を10つ紹介していきます。
それぞれ簡単に説明していきますが、どれも簡単にすぐに出来る事ばかりです。
しかし全て一気に達成しようと思うと大変ですので、少しずつ実行、改善していければ良いですね。

  • 適度な運動を心がける
  • 夕飯は就寝の2時間前までに済ませる
  • 極端に早めの就寝をしようとしない
  • 昼寝は20分以内にする
  • 就寝前のスマホ、テレビは控える
  • 入浴は就寝の90分前までに済ませる
  • 就寝前にあえて温かい飲み物を飲む
  • 就寝の30分前に首、目を温める
  • 目覚めは朝日を浴びるようにする
  • タバコ、アルコール、カフェインを控える

適度な運動を心がける

快眠の為に手軽に確実に効果を実感出来るのが運動です。
日経ビジネスオンラインの記事ですが下記のような記述があります。

運動の習慣が睡眠の質を改善することは、海外の研究で確認されている。長期的に運動を続けることで、寝つきが良くなり、夜中に目を覚ますことが減り、徐波睡眠(入眠直後に訪れる最も深いノンレム睡眠。成長ホルモンが分泌され、細胞が修復される)が増え、全体の睡眠時間が長くなるという
引用:運動の習慣で『睡眠が若返る』|日経ビジネスオンライン

ただ運動と言っても急に1日だけ筋トレをする!とか走り出してもあまり意味は無く、習慣になるくらいに継続して続けないと快眠の効果はありません。
1日15分程度のウォーキングでも構わないので、実行出来ていない人はすぐにでも継続していきましょう。
理想的な運動の種類としては、ウォーキングやジョギング等の『有酸素運動』をベースにしていくと良いです。
有酸素運動は息が上がらないペースで効果としては充分です。
ウォーキングであればなるべく毎日、ジョギングであれば週に3日は行いたいです。

ただし、仕事が忙しくて1日5時間も寝れないような人は、無理に運動する時間を作るよりは普通に睡眠に時間をあてた方が良いです。
そのような忙しい方は土日等の仕事が休みの日に週1~2回運動するだけでも良いでしょう。
家族サービス等で土日も時間が無いという方は、日々の生活の中で例えばエレベーターやエスカレーターを使わずに階段を使う等の積み重ねでも適度な疲労感を得られるので実行していきましょう。

また、運動による快眠効果は軽度な鬱病状態の人にも鬱の改善効果も見込めます。
鬱が原因による不眠の方には特に良いですね。

夕飯は就寝の2時間前までに済ませる

食事をすると血液が胃等の消化器官に集中し脳に回る血液が相対的に減ってくるので強い眠気が訪れます。
ですから就寝の直前に夕飯を食べると良いのでは?
と考えがちになりますが、実はコレは快眠の為には不適切です。

理由は睡眠時に脳や身体を休める事ができなくなってしまうからです。食後は特に身体が消化活動を頑張っているタイミングなので眠っていても睡眠の質が悪くなり、前述した快眠の為のサイクルがスムーズに回らなくなり朝目覚めても疲れが残っているような感覚であったり、実際の睡眠時間より寝た気がしない等といった状態になりがちです。

夕飯のタイミングは就寝の2時間前までが理想です。消化が落ち着くまでには、だいたいこのくらいの時間がかかってしまうからです。
どうしても就寝前にお腹が空き過ぎて逆に寝られない!というような場合には、なるべく消化に良い物を口にするようにしましょう。
そうする事で消化器官の負担を少しでも減らす事が出来るので快眠の為にも有効です。

極端に早めの就寝をしようとしない

快眠をしようとして、いつもより3時間も早く寝ようとすると逆効果です。
多くの場合に朝までぐっすり!とはならずに途中で目覚めてしまいますね。
いつもより1時間程度早く眠る分には問題ありませんが、あまりにも早い就寝は控えましょう。
もし慢性的な睡眠不足を解消しようと早く眠ろうとしているのであれば、徐々に身体を慣れさせていきましょう。
眠くなったのが早い時間であれば、ベッドに入らずにしばらくボーッとしておくのも良いです。

昼寝は30分以内にする

日本ではあまり認められていませんが、海外では昼食後に昼休憩(シエスタ)を取る時間に昼寝=シエスタとされている事も多いです。
短時間の昼寝は仕事の効率を上げると言われているので、日本でも一部の企業で取り入れているところも出てきています。
ただし、寝過ぎはデメリットが大きいです。
30分以上昼寝をしてしまうと深い睡眠に入ってしまい昼寝から覚めた後の目覚めも悪いですし、夜の睡眠にも悪影響を及ぼしてしまいます。
昼寝をするとしても30分以内にしておいた方が良いというわけです。
また、夕方の時間帯に昼寝というのも夜の睡眠の質が悪くなる原因になってしまうので同様に控えた方が良いです。

就寝前のスマホ、テレビは控える

就寝前にスマホやテレビ等を使用していると睡眠の質を下げてしまいます。
これは現在のディスプレイがLEDが主流になって事が直接の原因です。
LEDディスプレイがブルーライトと言われる刺激が強い光を発するからです。

網膜がブルーライトによる刺激を受けると、脳がその刺激により覚醒してしまい眠りに付けなくなる、または浅い眠りになってしまいがちです。
特にスマートフォンは目の近いところで画面を見る事がほとんどですので、刺激を受けやすいです。
就寝前にスマホやテレビを控える事がブルーライトを浴びないで済む最善の方法ではありますが、現代だとどうしてもスマホが必要で操作をする必然性も出てくるでしょう。
その場合のブルーライトの対策としては、

  • ブルーライトカットメガネを使用する
  • ブルーライトをカットするディスプレイまたはアプリを使う

ブルーライトカットメガネはPC用サングラスとして売られていますね。
レンズの種類によってブルーライトのカット率が違ってくるので、なるべくカット率が高い物を購入すると良いです。

また、PC用のディスプレイによっては、ブルーライトを軽減する周辺機器や設定も出来ます。
そしてスマホやPCのアプリには表示させる画面の可視光線の青い光を押さえてくれる物もあります。
それらをインストールして使用すると網膜への刺激が抑えられるのでオススメです。

こちらは就寝前のみではなくて、特に問題がなければ日頃から使用しておくのも快眠や目の疲れ予防の目的としても有効です。
ブルーライトに関しては下記のサイトで詳しく解説しているので興味のある方はご覧下さい。
<参考サイト→ブルーライト研究会

入浴は就寝の90分前までに済ませる

質の良い睡眠の為には少なくとも就寝の90分前までに入浴は済ませておいた方が良いです。
入浴後というのは、入眠に絶好のタイミングではあるのですが、時間を少し置いてからじゃないと深部体温が下がり切らない為です。

この辺を詳しく説明すると、入浴中は深部体温が上がります。
そして入浴後はその上がった深部体温が急激に下がっていきます。入浴によって上がり過ぎた深部体温を皮膚から外に逃がすように発汗し身体が冷えていきます。
悪い言い方にも聞こえますが、この状態が湯冷めです。(寒い季節は風邪を引くので冷えすぎるのも注意です。)
この深部体温が下がった状態というのは、前述したように快眠に絶好のタイミングです。
眠気もピークになるはずです。

ここで具体的な快眠の為の入浴法を紹介すると。

  • 就寝の90分前までに入浴を済ませる
  • お湯の温度はやや低め38℃~40℃が理想
  • 10分以上は湯船につかる

まず90分前の根拠ですが、入浴で上昇した深部体温はおよそ90分かけてゆっくりと下がっていきます。
30分ではまだ深部体温が高いままで睡眠には適さないわけです。60分でも一般に充分ではありません。
実はこの90分後というのも完全に下がりきった状態ではなく、睡眠中は更に下がります。

このようにゆっくりとどんどん深部体温が下がっていく状態を作る事で身体や脳は、これからゆっくりと休憩(睡眠)を取ると理解するというわけです。
お湯の温度に関しては熱すぎると身体自体が覚醒し過ぎてしまうのと、深部体温が下がるのに更に時間がかかってしまうので避けておいた方が良いです。
実温度で38℃~40℃のややぬるめの温度がリラックス効果もありますしオススメです。
この際、10分以上は湯船につかっていないと、深部体温を程よいレベルまで上げる事が出来ません。
一回深部体温を上げる事で、その上がった深部体温を入浴後下げていく効果により眠気を誘発するので、この流れは重要です。

同様の理由で時間がなくて『シャワーだけにした』という状態は身体の血行も悪いままですし、深部体温が上がりきらないので、快眠には向いていません。
やはり質の良い睡眠の為には、ゆっくり湯船に入る事をオススメします。

就寝前にあえて温かい飲み物を飲む

入浴と同様に深部体温を下げる為にあえて、一度深部体温を上げる為の温かい飲み物を飲むのが快眠の方法の1つです。
また、睡眠前にこのような行動を取る事で日頃のルーティーンになれば身体や脳がこれから睡眠状態に入ると認識されやすくなる効果もあります。

温かい飲み物を飲むと一時的に深部体温が上がりますが、その後下がっていくので、このタイミングで質の良い睡眠状態に入る事ができます。

おすすめの温かい飲み物は下記の3つです。

  • 生姜湯
  • ハーブティー
  • 白湯

生姜湯を飲むと身体がポカポカし、その熱を下がる際に眠気を誘発し睡眠の質を高めます。
ハーブティーはリラックス効果があるので就寝前に効果的。白湯に関しては胃腸に優しく身体を温める効果があるので、就寝前にちょうど良い飲み物と言えるでしょう。

就寝の30分前に首、目を温める

快眠の為には『自律神経』のコントロールが大事です。
自律神経には、

  • 交感神経
  • 副交感神経

があります。
交感神経は運動時や日中の活動時に優位になる神経で、心拍数が増えたり汗が出るように興奮状態でいる事が多いです。

対して副交感神経が優位になるのは、リラックスした状態の時です。
ですから、就寝時には興奮状態を抑えリラックスした状態、つまり副交感神経を優位にする事が望まれます。

自律神経の機能を高めるためには、首を温めることが効果的。首には太い血管が通っているため、温めることで全身の血流が良くなり、冷えや疲れも解消されやすくなります。血流が良くなることで首や肩のこりをほぐすことも期待できるでしょう。首を温めることは副交感神経の活性化にもつながるため、心身をリラックス状態に持っていきやすくなります。
引用:自律神経を整えるライフスタイルとはどういうもの?

上記のサイトでも説明していますが、この副交感神経を優位にする方法として『首』や『目』を温めるのは非常に効果的なのです。

では具体的にどのような方法で温めていくのか?
方法は色々あるかと思いますが、オススメしたいのは『ホットタオル』を使用する方法です。

ホットタオルは簡単に用意できます。
清潔なタオルを水に濡らし、軽く絞ってから電子レンジで30秒ほど温めるだけ(家庭用の500~600Wの場合)

こちらも入浴等と同じように寝る直前よりも少し時間に余裕を持って温めていくと良いでしょう。
就寝30分くらい前までに済ませるのが理想的ですね。

目覚めは朝日を浴びるようにする

快眠の為には、まず当日の朝にしっかり目覚めがよく起きている状態が理想的です。
その為の方法として最適なのが『寝起きに朝日を浴びる事』です。

人間の身体の体内時計は実は25時間周期と言われています。現実の1日と1時間のズレがあるわけですが、このズレを朝の目覚めで太陽の光を浴びる事でリセットしてくれる働きがあるのです。
きちんと朝の目覚めがスッキリすると夜も適切な時間に眠くなり快眠がしやすい状態になるのでオススメです。
窓のカーテンを閉めたままではなく、朝日が入ってくるようにしておくと良いですね。

タバコ、アルコール、カフェインを控える

寝る前のオススメの飲み物も紹介していきましたが、ここでは控えた方が良い物!
タバコ、アルコール、カフェインについてです。

まず、タバコに関しては主成分のニコチンに交感神経を刺激する作用があるので、睡眠前には特に向いていません。

お茶やコーヒー等のカフェインを含む飲料も覚醒作用があり交感神経優位になるので寝る前にはオススメ出来ません。
カフェインを含む飲料をどうしても飲みたい場合には、就寝の3~4時間前までに済ませておきましょう。

アルコールに関して言うと、経験した方も多いかと思いますが『酔うと眠くなる。』というように入眠効果があります。

どれだけアルコールを飲んだかに関わらず、アルコールは眠りにおちるために要する時間を縮めることが分かった。
しかし、アルコールを飲むと、睡眠途中で目が覚める中途覚醒や、早朝に目が覚める早朝覚醒も増えた。
中略・・・
「アルコールを飲むと、眠りに入りやすくなりますが、睡眠は中断されます。アルコールが体内で分解されるときに発生するアセトアルデヒドは、レム睡眠を阻害し、浅いノンレム睡眠状態が長く続いてしまいます。アルコールは、睡眠全体の質を改善する役にはたちません」
引用:アルコールによる睡眠の質の低下|日本生活習慣病予防協会

上記のサイトで説明されているように、入眠効果はあるが、睡眠途中で覚醒させてしまい、結果的に睡眠の質が悪くなったりする作用もあるというわけです。
やはり快眠の為にはアルコールも控えた方が良いのです。

どうしても飲みたい方は、嗜む程度に抑えておきましょうね。

ペニス増大の為にも快眠が必要不可欠!まとめ

ここまで快眠の為の具体的な方法を10個紹介していきました。

  • 適度な運動を心がける
  • 夕飯は就寝の2時間前までに済ませる
  • 極端に早めの就寝をしようとしない
  • 昼寝は20分以内にする
  • 就寝前のスマホ、テレビは控える
  • 入浴は就寝の90分前までに済ませる
  • 就寝前にあえて温かい飲み物を飲む
  • 就寝の30分前に首、目を温める
  • 目覚めは朝日を浴びるようにする
  • タバコ、アルコール、カフェインを控える

熟睡出来ない。等の睡眠で悩んでいる方は、どれでも自分に不足していると思う方法を試してみると良いでしょう。
特にペニス増大を目指している方は質の良い睡眠はペニス増大、成長にも必須条件です。
細胞を成長させるには、休息も必要というわけですね。

質の良い睡眠でペニス増大を達成し、短小コンプレックスを解消していきましょう。
快眠が出来る事で現在使用している増大サプリやチントレの効果が更に上がるはずです。